« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月27日 (金)

焼酎生チョコレート

 p1270007        p1270011                                

 ようやく私のプロデュースした焼酎生チョコレートが完成しました。HPに画像のアップもできました。忙しいのに無理を言って作って頂いたパティスリーレクレさんのシェフにも感謝です。

  細かな打ち合わせもやはり大変でしたが、一つの製品になるとやはり嬉しいですね。東急ハンズ町田店さんにて、限定で販売が決定しました。

大変手間が掛かるのと、自店もバレンタインに向けて忙しい時期ですので、残念ですが数を限定させて頂くことになってしまいました。

業界ではかなり著名なパティシエさんだと、他の方から伺いました。こんなに近くに、それほどの方がいっらっしゃるなんて、なんてラッキーなんでしょう!そんなシェフに、「焼酎でこんなに美味しくなるとは思ってもみませんでした」とのお墨付きを頂いて一安心。

このショコラ、都心のお洒落な専門店で出すとしたら、倍近くはするでしょうね。

そうそう、先日レクレさんのケーキを食べて息子が「今まで食べた中で、一番美味しい!!!」と感動していました。いつもなら三口でたいらげてしまうのに、目を閉じてじっくり味わっていたのでよほど美味しかったのでしょう。一口だけ私に味見もさせてくれました。おおー、珍し~ぃ!

名前がわからないのですが、円錐形をしたチョコレートムースのようでした。三層になっていて、なんて手の込んだケーキかと私もビックリ!お近くの方はぜひおすすめです!

こちらの、クロワッサンとアップルパイも美味しいのですが、忙しい時期はお休みになるんですよね~。

 木曜日、久々にモワ・ド・マリーさんでランチ。いつもの事ながら、目にも口にも美味しくて、ついつい長居してしまいました。(^^ゞ

p1260005  写真はメインです。金目鯛のなんだっけ?スミマセン、忘れました。前菜もお魚をチョイスして、グラスの白ワインと堪能しました~(*^。^*)

なんといってもここはソースのスパイスがほど良くて、パンでお皿をこそげるのが醍醐味。

デザートの青紫蘇のシャーベットが実に爽やかで、和食のデザートみたいで、新鮮でした。

恐るべしや、瑞江は都心に負けない凄い実力のお店が、こんなにも集まっているのです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

食すると言う事

生きていく為には食べなくてはいけません。そしてそれは時に残酷なことでもあります。

初めて活きた海老を頂きました。聞くと新鮮なので刺身でも煮ても焼いてもどうやっても美味しいとのこと。はて、さてどうしたものか・・・

p1080009

ビニールに入ったままだと死んでしまうのですぐに箱に入れ替えました。ふたをしてしばらくおいたのですが、ガサゴソ、ガサゴソ。

オガクズをクッションにして。足の動きが、虫をおもわせます。塩焼きにするには串を刺さなくてはならないし、刺身にさばくにも動いていては難しい。

手っ取り早くお湯で茹でることに。

息子がその前に水にいれて泳ぐ姿を見たいの言うので、桶に入れて泳がせてみました。

そこから菜箸でつまんで熱湯に入れようとするのですが、まさしくえびぞって、ピョンと跳ねるもので、キャーキャーわめきながら格闘。

p1080012 格闘のすえ、この姿になりました。       

        p1080015

この日の我が家の食卓。タコのマリネサラダはあり合わせの材料で作りました。

いぶりがっこも頂き物。燻製具合が程よくておいしゅうございました。

さっきまで生きていた命を頂くのですから、ありがたく、無駄にしないように、よーく味わって大切に食べました。

時にはこうして活きた物を調理することも、とても意味のあることなのだと実感!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

ニューオリジナル焼酎生チョコレート

急な事でちょっと慌てたりもしましたが、当店のオリジナルの本格焼酎生チョコレートのパティシエさんが代ります。

今までのケーキ屋さんが人手不足で今年は作れないという事で、急遽他をあたる事に。

幸い、いつもお世話になっている『日本料理いわぶち』さんから『パティスリー・レクレ』さんを紹介して頂きました。

早速伺った所快く引き受けて下さり、忙しい中、持ち込んだ本格焼酎で試作品を作って頂きました。

当店の趣旨を汲み取ってくださって、練り込む焼酎の量を、通常より多くしたそうで、これが文句無しの理想の味わい!

練り込む芋焼酎も、原酒にグレードアップしてもらいました。

現在、パッケージなどの詳細を最終調整中。来週には完成予定なので新しい画像がホームページにアップできると思います。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

こんなにあけまして

t

新年会にお招き頂いて飲んだワインです。といっても私も撮ったはずなのですが、これだけ飲んだせいでしょうか、画像がみられず、あとから送って頂いた写真です。(汗

う~ん、よく飲みました。皆さん強い。それにしても気のおけない人と飲むのって楽しいですね。

うちのワイン会でこれだけ高価なワインのオンパレードとはいきません。

お料理も美味しかったーーー。沢山あったのですが、画像がないのが残念。私が持っていったのは、豚シャブサラダと、ふぐのから揚げと頂き物のキムチ3種。お酒はワインではなく、丹沢山のひやおろしと隆の山田錦。1升瓶を2本結わきで、お正月らしく 。っていうか映画の1シーンを真似したんですけど。

まぐろとルッコラのサラダ、エビチリ、バゲットがとーってもおいしかったぁ。それにしてもお客様にお呼ばれして、こんなに楽しく飲めるって、なんて幸せものなのでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

おめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

何事も無く穏やかに新年を迎えられたことに感謝です。

年越しはカバを開けました。シャンパンに劣らない見事な泡立ちに思わず写真をとりました。

PC310017

 手頃な価格ながら良年しか作られないもので、ヴィンテージ入りです。甘さを添加していないもののレゼルバで熟成が長いので辛すぎず、すすみました。

かまぼこにも白菜のおしんこにも合いました。頂き物のふぐ鍋にも美味しかった!ふぐで年を越して、福よ来い!なんて。

元日は毎年ゆっくりして、近所の神社にお参りにいくぐらい。夜は親兄弟家族一同勢ぞろいで賑やかに過ごします。そして2日から営業。でも、夕方には閉めてゆっくり飲むのが恒例。

今年も穏やかで素敵な一年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »