« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月25日 (土)

モデルのハナさん

昨日電話があって、楽しみなことがあります。

明日モデルのハナさんが当店にラジオ番組の収録にいらっしゃる事になりました!話している時は気にも留めなかったのですが、電話をきってからモデルのハナさんって、あの、ハナさん!!!ってちょっと興奮。こんなへんぴな下町に、ホントに来るの?と、つい思ってしまいますが。

瑞江駅周辺を案内するという企画らしいですが、江戸川区と言えばやはり小松菜・・・と言う事で小松菜焼酎と発泡酒とアイスを取材して頂けるそうです。ほんの10分程度ですけど。

生番組を終了して六本木から駆けつけるので、午後になるとか。

ハナさんって、とってもナチュラルで、勉強家で、一般のモデルさんのイメージとはまた違ったキャラクターで好きなんです。はなだより

今まで、何人かの有名人の方がおみえになりましたが、いつも色紙にサインをもらうのを忘れて、後になって気づいてばかり。今回はそんなことが無いようにしっかりと用意して、写真も撮って・・・とあれこれ思いを馳せています。

でも、モデルさんと一緒に写真を撮るのって、勇気が要りますよねー。いや、ここは勇気をもって、記念に撮らなくちゃ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

ナターシャがやって来た

我が家にナターシャがやって来ました。とは言ってもお客様ではありません。

P2130024

観葉植物、アイビーの仲間でしょうか。

最近、風水がちょこっと気になって。キッチンのガスレンジの方角がどうも最悪らしいのです。でも変えるわけにもいかないし。(苦笑

家の長が体調を壊すのだとか。。。で、少しでもやわらげるにはグリーンを置くと良いらしいので、近所の花屋さんで買ってきました。

他にも2種類の仲間と一緒に。二つは窓際に、ナターシャはレンジのまん前に、置いています。

アメリカン調のカゴに入れてあげたら可愛い!

もう少し大き目の幸福の木か何かが良かったかしら?とにかく枯らさない様にしないとね。

あとは常にキッチン回りをキレイにすることだそうです。

近頃、ぐうたらしてるからなぁー。・・・耳がいたいです。(^_^;)

でも、これ、なんでナターシャなんだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

トリノだけに・・・

トリノオリンピック、テレビで盛り上がっていますね。日本は未だにメダルはありませんが、色んな競技は見ていて楽しいです。オリンピックを見ながらの我が家の晩御飯は

p2130031 チキンのレモンロースト。トリノだけに鳥のお料理で。(笑

塩コショウとレモン汁をかけて1時間ぐらい馴染ませてオーブンで焼くだけの超簡単メニュー。安い胸肉がご馳走になります。このみでローズマリーなどのハーブで香りをつけても。オーブンに入れる前にオリーブオイルをかけるのがポイントです。

今回はイタリアの白ワインを合わせてみてはいかがでしょう?軽めの赤でもOKですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

事後報告ですが

オリジナルの焼酎チョコレート、美味しかったとの声が沢山頂けて、嬉しいです。ただ、もっと沢山作ってもらえたら良かったのですが・・・巷では有名銘柄の芋焼酎のチョコが高価な値段で即完売だったとか。お味はどうなのでしょうか?

事後報告になりますが、2月13日にテレビ朝日『いま得』の江戸川区食材探しの旅のコーナーで小松菜焼酎と発泡酒が紹介されました。今回は当店ではなく仲間のお店に、ラーメンの鬼、佐野実さんが食材探しの途中に立ち寄って、飲んで行きました。江戸川区=小松菜のイメージが定着して来ているみたいですね。(笑 まあ事件や事故が多いイメージばかりよりは良いでしょう。

14日は私が美味しい白子を食しに出掛けて来ました。大好きな蕎麦がきも、ふぐのお刺身も美味しかったー。!(^^)! 偶然お客様のSさんがいらして、なんとバランタインをご馳走になってしまいました。この日はバレンタイン。洒落じゃなくて30年物!Sさんは焼き魚が好物だそうで、特別に塩焼きのお魚が出されて、実にキレイに食べる様子は、見ていて気持ち良かったー。話も盛り上がり、うちの旦那さんまで呼び出して気がついたら12時近く。他の方へのプレゼントにと持参していたワインとチョコをSさんに。でも、それだけじゃバランタインのお礼には足りないし、何か他に探さなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月12日 (日)

チョコ完売御礼

オリジナルの焼酎チョコレートが、お陰様で完売いたしました。ありがとうございます。限定でしたので沢山ご注文を頂きながら、数を制限させて頂いたり、在庫が無くなり、お断りしたお客様もいらっしゃいました。(ご予約分はお取り置きしてあります。)また販売することができましたら、ご案内したいと思います。

先日「美味しい白子が入ったよ」と言われてうちの旦那さん『いわぶち』さんへお出かけ。出不精ですが美味しい物と聞くと出掛けます。

お土産を期待していたのですが、やっぱ白子は無理・・・当然か。港に育った子供時代、魚嫌いなのに、白子とカニはよく食べました。当時は安かったのでしょうね。で今スーパーで買って食べるんですけど、昔食べたのと違うんですよね。鮮度でしょうか?私も美味しいのが食べたーい!まかないのおでんも美味しかったって、そんな。。。

魚介の美味しさは冬ならでは。昨日はグラタンにして牡蠣を楽しみました。美味しかった!

今日は質素に魚の干物と切干大根ですね。寒いからお燗でもしましょうか。ヒレ酒もいいかなー。お酒は酒器によっても味わいが出ますね。

p2120023

 私のお気に入りの酒器です。小さくて可愛らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

胃に優しいお肉料理

昨日の晩は、豚肉が安かったので、以前お料理教室で習ったシャルキュティエールを作ってみました。最悪の体調の日にどうにかお教室にたどり着いて、食べられないだろうと思っていたら、難無くぺロリと食べられたのを思い出したのです。お酢を使っているのでお肉がやわらかく、胃に優しいお肉料理です。簡単なのでぜひお試し下さい。

材料(4人分) 豚ロース(とんかつ用)4枚・小麦粉・塩・胡椒・ピクルス(薄切り)4本・玉ねぎ(薄切り)中1/2個・ワインビネガー60CC・ブイヨン400cc・トマト(湯むき・乱切りまたは缶のカットトマトでもOK)1個・マスタード大匙1・バター少し

1)塩コショウして小麦をつけた豚肉を、フライパンにバターを熱して両面をキツネ色になるまで焼いていったん取り出す

2)玉ねぎをしんなりするまで炒め、ワイン酢・トマト・ピクルスを加え軽く煮る

3)ブイヨン(お湯に固形スープの素を溶かした物)を加え軽く煮て、1)の肉を戻し温め、仕上げにマスタードを入れ全体に絡んだら出来上がり。

付け合せに、ほうれん草のソテーや粉ふきいもなどを添えて。おもてなしにもおススメです。トンカツ用でなくても、薄切り肉でも美味しくできますよ。旦那さんはしきりにパンが欲しいと言っていましたが、あいにく子供たちが全部食べてしまって・・・残念。確かにパンに合うソースになっています。わたしはご飯でも美味しかったですけど。

写真を撮り忘れたので、またすぐに作って載せますね。さっぱり味なのでまた食べたくなる味だから、ぜんぜん平気。

先日の私の体調不良は単なる食べ過ぎ。でも、夜中に救急車を呼ぼうかと思うほど痛くて薬を飲んでも一晩ねむれず。急にあんなになるなんて。。。深く深く反省しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うちの旦那さん

昨日はうちの旦那さんがワインのインポーターの試飲会に出掛けていたので私はお店番。体調がすぐれなかったので、殆ど奥に引っ込んでいました。

戻って来て一言、「誰かさんと同じ事になったよ」ですって。エッと聞いたら「電車乗り越した」んだそうです。あれって恥ずかしいですよね。

まだ、酔うには早い夕方前に、ムッサイおじさんが電車を乗り越して次の反対方向に乗りなおす・・・そんな光景を想像して、笑ってしまいました。エヘヘ。

うちの旦那さん、『いいとも』に出して、ジローラモさんに変身させてもらいたい。。。とつい思ってしまうのはいけませんか?

私がコーディネートしても、どうもなんだか・・・。私のセンスも確かにいまいちなんだけど、見るのと着るのとで違ってしまうのはなぜ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

遊んでみました

寒いですね。北国生まれなのに寒いのが大の苦手な私にはチトつらいです。(苦笑

ちょっとだけ遊んでみました。

ご主人にとか、おなじみのお客様にホンの気持ちを贈りたい・・・という方にこんなギフトを作ってみました。p2060015

本格麦麦焼酎300mlとミニマグ(焼酎用にもビール用にも使えます)にチョコをセットにしました。題して『チョコっと愛して』

お手製でのハートをあしらったラベルを貼ってみました。

甘いものは苦手だし、でも、体を気遣うとあまり沢山飲んで欲しくない。。。はて、バレンタインには何を・・・と言う様な奥様には特におススメです。

気張った物は照れますし・・・ね。

本当は二人で飲むワインをおススメしています。カップルならバレンタインは手作りのお料理を頑張って、美味しいワインを一緒に飲むのが一番!夫婦でも同じですよぉー。おススメのワイン&レシピは直接私まで。お好みに合わせて(難しくない物を)、プロデュースします。欧米では恋人時代に帰って、二人で時間を過ごすのだそうです。素敵ですね。

たまには、そんなひと時もいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »