« 蒸し暑さには爽やかビール | トップページ | ゴーヤチャンプル争奪戦 »

2006年9月 2日 (土)

晩酌

Marusaneroze

テイスティング・・・と言うよりは晩酌!?

ちょっと前になりますがお世話になった方と急に決まった一緒のお食事で、向かって右の2本を、夕べの晩酌で左の1本を開けました。

その日は暑かったので、(初めは画像には無い)クレマンドボルドーで乾杯。持ってきて頂いたおつまみがこの日は中華風。エビチリとかに玉、にんにくの芽とツナの炒め物でしたので迷わずロゼと白を開けたのが大正解!濃い味付けと謙遜していたけど、へたなお店のより美味しかった!

中央のブリューノクレールのロゼがどのお料理にも良く合って、するするとイケル。甘・辛・酸のバランスと苺の様な香りが素晴らしかった~!評価・話題を裏切らないワイン。手頃なのに誰に飲ませても恥ずかしくないワインの印象。

で、私が作ったゴルゴンゾーラのパスタには右のフランソワ・ジョバールのブルゴーニュブラン。ムルソーの造り手だけあって厚みとコクがあってゴルゴンゾーラとベストマッチ。普段ゴルゴンゾーラは食べないというお客様も感激して食べて頂けました。これがマリアージュなのでしょうね。2003年の特徴として酸味が柔らかいので、ブルゴーニュ=酸っぱいと感じる方はまさにはまるかも。

 アリゴテは夕べの晩酌。今や話題の的となり、輸入業者のリストから在庫が消えてしまったレシュノーのワイン。他にも色々入荷していますが、一番早く飲めるという事で、これをチョイス。これぞアリゴテだ!と言うような個性が良く出た、すっきりとキレのある爽やかな味。ほんのりした苦味も大人のワインを感じさせます。ユーロ高でフランス産チーズには手が出なくなりましたが、北海道産よつ葉カマンベールもフランス産に決して負けない実力ですね。この両者が溶け合ってすごい晩酌になりました。

 やっぱりブルゴーニュワインの魅力からは、離れられそうにありません。

|

« 蒸し暑さには爽やかビール | トップページ | ゴーヤチャンプル争奪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153199/11723253

この記事へのトラックバック一覧です: 晩酌:

« 蒸し暑さには爽やかビール | トップページ | ゴーヤチャンプル争奪戦 »