« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

それでも嬉しい

Pc300024 28日休めない定休日、そろそろお疲れモードになってきた所、パタパタと忙しくしている中で、私宛の荷物が届いた。開けたら、笑ってしまった。

コーヒー豆屋さんからのBirthdayプレゼントでした。お花とカードとコーヒー豆。今頃?って感じがかえってサプライズかも。メンバーズカードに誕生日書いたっけ?そんなに上得意さんでもないと思うけど。。。でも、予想もしない所からのプレゼントも嬉しいもんだ。

しばらく豆を切らしていたから、落ち着いたら買いに行こうかな。

Pc280020 で同じ日届いたつきたて「のしもち」。新潟からの直送です。

 届いてすぐはこんなにやわらか。そんじゅそこらのお餅とは比べ物にならない美味しさです。これでお正月が美味しく迎えられます。

まだ少し在庫あり。硬くなったら、線の通りに切り目を入れればパキッと割れます。

Pc280023_1 2kg  ¥2,200円 

磯部巻き、きな粉、胡麻、あんこ、お雑煮、納豆、大根とお餅も色んな食べ方があって、飽きませんね。私は特にくるみもちが郷愁を感じて好きです。                  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月27日 (水)

丹沢山新酒入荷

Pc270019tanzawatarekuti_1   お待たせしました。神奈川の川西屋酒造さんの新酒、「垂れ口槽しぼり」のお酒としぼりたてが入荷しました。

 年末、年始のお酒や、贈り物としても毎年人気のお酒です。今年も良い出来ですよ♪

 垂れ口の方は薄く濁っているんですけど、わかります?

Pc260008 わ~い、チーズも届いた~!ゴルゴンゾーラとマスカルポーネ。ゴルゴンゾーラは丹沢山「垂れ口槽しぼり」にとっても合うんです。クリスマスの日に届いたけれど、お正月まで我慢。これで我が家もお正月が来る!

これだけあればゴルゴンゾーラのパスタも食べられる!マスカルポーネはデザートにしようかなと。今年もあと4日、みなさん願張りましょう。ってウチが一番がんばらなくては。31日まで休み無しです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

みぃつけた!黒はんぺん

Pc260009kurohanpen  今日は凄い雨です。お店は・・・お客さん少ない。でも、こんな時に限ってポツリポツリと配達が。。。クリスマスの飾りの片付けや、その後の何やかんやの雑用をこなしながら、ようやく年賀状の準備に入りました。

 ずっと気になっていた、黒はんぺんをスーパーで見つけて、今夜はこの冬初おでん♪

 紀文の商品に○リン一番絞りってある。コマーシャルでやっていたから、タイアップ商品?大手さん同士が手を組んだら、さぞかし強いだろうなぁ~。

Pc260010oden

   我が家の暖房は、一昔前の石油ストーブ。ファンヒーターが壊れたのを機に、旧式のに換えました。これはお湯が沸かせる上に調理ができる、優れもの。電気毛布の変わりに湯たんぽで布団も暖かになるし、適度な湿度も保てる。とにかくエコなのです(笑

大根と玉子の下茹でから、味をしみこませるまで、全部石油ストーブで。食べる時はセットコンロで。

 私の実家では、はんぺんPc260014kurohanpenの代りにこうや豆腐をいれます。黒はんぺんは静岡の特徴らしい。今日はその両方が一つの鍋で共演・・・私の嫌いなちくわぶとスジ(魚)は入れません。牛スジは好きだけど、今日は売ってなかったので。

 静岡の駄菓子屋さんではおやつ代わりにおでんが食べられている(って裏に書いてありました)と言うことですが、そう言えばこの近くにもそんなお店がありました。

Pc260016tanzawasanoden

 黒はんぺんのお味はさてどんな?まずはそのまま一口。鯖や鰯のつみれをさつま揚げ状に平べったくしたイメージかな。付属の青海苔と削り節粉をふりかけるとまた、違った風味に。次に甘いお味噌を付けたら、全く別物に・・・個人的にはお味噌が一番好きかも。全部おでんに入れちゃったけど、炙ったら、良いおつまみになりそうだわ!これが自家製だったら、きっともっと美味しいんだろうな~と想像してしまう。。。

Pc270018takazasu おでんと言ったら、コップ酒でしょ!今夜は久々に丹沢山の吟醸酒を。(五百万石50%磨き)吟醸といっても深みのある落ち着いた香りだから、おでんにもよく合います。良いチョイスでした。もうすぐ来る垂れ口が楽しみ!(^^)!

もう一つ、春鶯囀、鷹座巣・純米で。(玉栄60%磨き)これも、しっとりとしたお酒で、コクがあって、おでんにピッタリ。微妙に香りが違います。旨く表現できないけど。って、プロがそれでいいのか?表現の引き出しをもっと増やさないといけないな。と危機感!

またしても、食べ過ぎ。娘まで「食べ過ぎてうごけな~い」って、悪い所が似てしまうもんだ。。。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

チキンと試飲のワイン

いや~実は昨日、やっぱり飲みたくなって、イカ刺しでお酒を一杯飲んじゃいました。(笑

Pc250003tikinブログを読んだ相方からは、「お前が早く寝ればもう少し資源の無駄遣いが減る」とも言われました。・・・確かに、反省。。。

 さて、クリスマス当日のごはん。と言っても、ご近所の鶏肉屋さんで買ったチキンと野菜たっぷりスープと、サラダの簡単なもの。あ、胡麻ドレッシングは作りました。パーティーは先日やったので、ケーキは無し。

Pc260005 ワインは試飲です。新入荷のワイン。輸入業者さんも3年待っての待望入荷ワインで、私も初めてなので。

なんでもこの造り手のワインはとっても評判が高く、造る前から売り切れてしまうぐらい人気なのだそうです。

 樹齢90年のサンソー種と言う葡萄100%で造られています。サンソー100%自体が珍しい!アルコールは14%もあるし。2005年はビッグヴィンテージでもあります。

 まだ若いので紫がかった色合い。コルクの内側にしっかりと濃い紫色のワインのタンニンが付いていてそこから既に凝縮した感じがします。

香りは、コメントのとおり、ブラックベリーや胡椒などのスパイスの香りがチャーミングで南フランスらしいかも。口に含むとまだこなれていないけど程よいタンニンと甘さ。ずっしりと重いタイプではなくてエレガント。若いクリュボージョレ(ヌーヴォーじゃなくて村物)にもどこか共通するように感じたのは私だけかな?もう少し寝かせたらどうなるか楽しみなタイプ。チキンにも合いました。今飲むなら、たっぷりと空気に触れさせて飲むワインです。

 マス・デ・シメール・エヤード(ヴァンドペイ・コトー・デュ・サラグー)

           750ml     2005 ¥1,750円

 ここのフラッグシップワイン (画像は無いですが) 

   マス・デ・シメール (コトー・デュ・ラングドック)

           750ml     2004 2,450円

 こちらはグルナッシュ、シラー他5種の葡萄のブレンド。複雑で余韻が長いフルボディです。フレンチオークで12ヶ月、瓶でも6~8ヶ月熟成しているので濃厚ながらタンニンがまろやかになっています。14.5%ものアルコール!どちらも20hl/haと驚くほどの低収量で造っています。

 あくまで試飲ですから。。。少ししか飲んでません。運が良ければお店で試飲できるかも♪運が良ければですけど。 

 あっ、それから、お知らせですが、丹沢山の垂れ口としぼりたてのお酒が入荷が遅れています。蔵元に連絡した所、今、一生懸命瓶詰めしている所だそうです。頑張って27日か28日には出荷できるそうなので、今年も年末ぎりぎりになってしまいました。ご予約を頂いているお客様、いましばらくお待ちくださいませ。<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月24日 (日)

質素で厳かな聖夜

Pc240002mazekohan  厳かな聖夜、うちの目の前の蕎麦屋さんが珍しく早終い。この辺では知られるお店なんだけど。

 我が家は厳かに昼の残りの混ぜご飯とほうれん草のおひたしと白菜の漬物。質素に世界の平和を祈ります。

  良いことがあればそうでないことも同じくらいあります。知り合いで偶然に同じ誕生日の方が、重体で入院していたり。私自身、軽い火傷をしたり。小さな良い事と良くないことが程ほどに交互に来るうちは大丈夫。かな?世界で高価なプレゼントを貰う子供もいれば、お腹をすかして寒さに震えている子もいます。今夜は暖かいところで食事が出来ることに感謝して。

イルミネーションもね、いつも悩むんです。商売の為には、もちろんキレイに飾った方が良い。でも、地球の為には無駄な資源を使わない方が良い。商品管理の為の設備は最低限必要だけれど・・・

で、今年も無し。他の飾り付けでクリスマスらしく演出。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

馬刺しその2

            Pc230004basasi1223_1         今日、この冬2度目の馬刺しの入荷日。前回はうちの分が無かったけれど、今回は確保。

忙しい時にこれで1品おかずが助かる。それでも、意外と早く仕事をあがれたのでポテトサラダと炒め物を作る。ニンニクの芽とツナの炒め物はパプリカを加えて今日はクリスマスバージョンにアレンジ。われながらGoodなアイディア。

 以前、自宅にお客さんを招いた時に持ち寄って頂いたのPc2300021223yusyokuが美味しくて、レシピを聞いたら炒めてお醤油で味付けるだけで簡単だったので、定番になったもの。今では家族みんなの好物。他にはお隣の惣菜の烏賊ゲソ揚げと、残り物の鶏肉ソテー

馬刺しは、いつも以上に艶があって癖も匂いもなくて柔らかくて美味しい!娘曰く「噛まなくていいかも」ってそれはオーバーですけど。

Pc230010basasi21223 文佳人、亀泉吟醸15BY、糀おしろいの3種のお酒を試してみました。どれも合う!でも、やはり特に合うのが文佳人で予想通りの相性。味のポイントの甘辛味噌を溶いたお醤油とねっとりとしたお肉に、コクのあるトロリとしたお酒が絡み合う・・・ちょっとセクシーな表現かしら?

口内炎が痛いと言いながら相方、あら、結局全部食べるのね。

お皿に乗り切れないぐらいのボリュームですが、あっという間に無くなってしまいました。 

明日はイヴ。我が家は質素な食事で、おごぞかにキリストの誕生を祝いましょう。あ、子供達のクリスマス会用に持ち寄る、混ぜご飯の支度があったんだ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

ふぐちりとシャンパン

Pc210021fugunabe Pc210026champagnerose

 お祝いと早めのクリスマス会を家族で。メニューに悩んでいたら、ちょうど良いタイミングでふぐが届いた。と、そこに本日定休日のはずが手配違いで店を開ける羽目になったシャンパンも。この所日本酒が続いてるし、今日はこのロゼシャンパーニュで決まり。

店は相方に任せて、クリスマスプレゼントを買いに行ったら、こんな時間!と慌てて準備したので、豆腐が入っていない鍋。

淡いサーモンピンクがキレイ。香りが広がってきます。すぅ~っと口に馴染んでいく細かい泡と程よい酸味が良い感じ。キレのあるタイプだけど、ほんのりと甘さも心地良い。

Pc210029fugukawa  Pc210034fugukaraage

皮と身。身は分厚い刺身と、シャブシャブの両方で堪能。骨付きはから揚げにして。塩加減が足りなかったけど、ここはてんぷら用の粉の塩(これももらいもの)を振っていただきました。鍋のふぐのプリプリ感も、ポン酢も、ロゼシャンパーニュもし・あ・わ・せ~~~。もちろんボトルは空っぽです。

Pc210016buusankake_1  Pc210023kake2_1

 〆のケーキ。スポンジはご近所のぶぅさんに依頼して。お花のような可愛いラッピングで届きました。手作りで、600円なんて安い!デコレーションは娘が全部やってくれました。

フンワリして甘すぎなくて美味しい!沢山食事したあとでも、ぱくぱく食べてしまう。

 今日は他にも嬉しいことがあったし。忙しかったけれど、心が温まったとても良い1日でした。

Pc210033syampagne2  シャンパーニュは・・・

  ルイ・フィリップ キュヴェ・エトワール 

              NV 750ml ¥4,500円 

  「ブログを見た!」と言っていただければ、200円割引します!価格よりは上の味わいが愉しめます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プレゼント

Pc210017present2  Pc210014present1_1               

     

 娘から鉢植えのガーベラ。

息子からは初めてで、ビックリしてしまったピアス。彼女の見立て?今までこんなことなかったもんね。いい娘じゃないの。と、物につられる。(笑

Pc220039present3 相方からはサンダル。温かいの。お店にすぐに出られるようにサンダルは必需品。この所スニーカーの踵をつぶして履いてたからね。

 若い頃と違って、ダイヤとか真珠じゃなくなったけど、必需品の方が嬉しくなった。お洒落しても、、、、ねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

にごり酒

Pc200013hanaosiroi  今、当店一押しの高知のお酒、文佳人の蔵元アリサワさんのにごり酒『糀おしろい(はなおしろい)』

 宇宙酒の試飲会の時に見つけて、問屋さんのリストに無かったのを「おいしい濁りがあったよ~、蔵元さんにも了解もらったから仕入れてね」と、入れてもらったもの。

 もろみが殆どをしめているのが画像でもわかると思いますが、とってもクリーミーでとろりと滑らかな口当たり。でも、スッキリ切れが良くて辛いんです。これがまたとってもお手頃。 720ml ¥840円 1.8L ¥1,575円

 月が替わったら(年もかわりますね)ブログでもご案内しようとのんびり構えていたら、なんでも在庫は予約で完売だそう。しかも、それをこれから雑誌に載せるのだとか。え?じゃ、その前にお客様にお知らせしないと・・・と焦ってご案内。雑誌に載せる為の見本すらないから、これからうちに買い取りに来るそうです。

 アリサワさん、良かったですねえ、他のお酒も品切れが出てきて人気急上昇ですね。一時のブームにならずに良いお酒をずっと送り出し続けて欲しいです。わたしの目利きも凄い!と自画自賛ですが、商品の入荷が途切れたら・・・困る~!とりあえず、純米酒はまだ大丈夫だそうなので一安心。なくなる前にぜひ、1本。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

本日休肝日

Pc1900101219ajihiraki  今日はヘルシー&バランス良くを心がけたメニュー。お酒もお休み。と言っても昼間一口だけの試飲あり。

あじの開き、わかめ炒め、かぽちゃのサラダ、豚と大根の旨煮、たくわん、卯の花炒り。なんだか朝ごはんみたい(笑

 これが続けばほっそりボディーに近づけるんだろうけど・・・昼には甘~い誘惑に負けちゃったし、ついでにおせんべいも。

明日こそ我慢、我慢。ほっそりボディーは諦めるにしても、健康でなくちゃ、お酒が飲めなくなってしまうから。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

今日の食卓

Pc180007nirareba_1  急に冷え込んできたし、ノロウィルスが猛威をふるっているし、しっかり栄養付けて免疫力を高めなきゃねってことで、今夜はレバニラ炒め。他に京人参のスティックサラダときのこおろし。きのこは実家の父が採って塩漬けにして送ってくれたもの。塩抜きして、味噌汁や炒め物などに重宝しています。

 いつもは奪い合いのレバニラ炒め。「今日はお兄ちゃんがいないからたっぷり食べられるよ」と娘に言いつつ、明日のお弁当の唐揚げ用に下味を付けて2~3切れ確保の、ちゃっかりかあちゃんの私。

 お酒は甕で仕入れる生紹興酒。よく中華屋さんで出てくるアレ。瓶詰めのよりトロ~リ&まったりとして美味しいの!うちの隠れた人気商品でもあります。中華料理に使うと一気にプロの味に近づきます!でも、アルコール高いから、気をつけないとね。ホンのちょっとだけ。

Pc180005kimutinabe_1  で、今日のもう1品は夕べの残りのキムチ鍋。食べる前に写真撮り忘れたので、残骸で。<m(__)m> 今日は匂ったかしら?

いつもここに立ち寄ってくれるhirorinさんのブログを見たら、食べたくなって。真似して味噌仕立てにしたら美味しかった~。って自分の好みの味に仕上げたから当たり前か。昨日は豚肉を入れたけど、しいて言えば牡蠣が入っていたらもっと美味しかったかも。これは珍しく相方も同意見でした。

キムチ鍋に合う日本酒ってどう?と色々利き酒。やっぱり、どっしりとしていて、しっかり酸が乗っているお酒が合いました。

なんだか二日も続けて、匂いそうなメニューになってしまって。。。週初めは来客より、電話注文が多いからきっと大丈夫・・・と妙な言い訳。今、慌てて牛乳とお茶を飲んでます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月17日 (日)

うちのはどれ?

Pc1500172_1  江戸川には今やマリーナがあちこちにあって、クルーザーだらけ。さて、うちのはどこだろう?ってあるわけ無い!(笑

散歩やサイクリングしていると、つりをしている人や犬の散歩、ジョギング、ウォーキングの人達とすれ違って、飽きません。

よく晴れた日にはちょうどこの画像の反対側に、富士山とでっかい夕日が見えたり。この辺りの中ではあの景色は感動もの。私は運転中だったから無理だったけど、土手では写真を撮っている人が沢山いました。 まだ、目に焼きついて離れない風景をいつか写真に収めてみたいな。このカメラじゃ無理かしら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

新入荷ワイン

Pc170001hautmedocjiscours  ワインの新入荷のお知らせです。

 マルゴー格付け3級のCHジスクールのスタッフがオーメドック地区の自社畑で造った、注目のワインです。

畑は違いますが、ジスクールの味筋はしっかりと感じられると思います。このクラスとしては密度のあるタンニンが滑らかに熟成して、スパイスや樽などの香りもバランス良い仕上がりです。

2001ヴィンテージ 1本 ¥2,100円 

6本まとめ買いなら1本あたり ¥1,890円 とお買い得になっています。

ちなみにこの年の親ラベルは格付け1級の5大シャトーと方を並べる高い評価を受けています。すでにご存知の方も多いでしょうが、コミック『神の雫』にもこのワインが取り上げられているそうです。ま、それは抜きにしても、価格以上の味わいと言える事は間違いありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

でかっ!

Pc130044zuisenn45  どでかい泡盛が入荷しました。

 益々(升々)繁盛(半升)。語呂あわせがしゃれている楽しい泡盛です。

二升五合(4.5L)入りの大きさは、かなり目に付くようです。

どのくらい大きいか、比べてみるとわかりますね。左が1升瓶。

お店を経営されている方や、今年お子さんが生まれた方の保存用のお酒ににおススメです。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

丹沢山の新酒、もうすぐ!

Pc130046tannzawatarekuti  今年ももうすぐ神奈川の川西屋さんの、清酒『丹沢山』の新酒、垂れ口の酒としぼりたての酒が限定入荷します。

 我が家の新年のお酒は毎年これで、お正月が来た!と実感するお酒です。(年越しはシャンパンです) お客様にも贈り物や年末年始のお酒として毎年ご好評頂いています。しぼったまんまの、フレッシュで旨味のギュッと詰まったフルーティーな味わいが人気です。このお酒とゴルゴンゾーラのマリアージュは目を見張るぐらい見事です!

 只今ご予約承り中です!(12月20頃入荷予定)

丹沢山・垂れ口の酒 純米吟醸 720ml ¥1,890円  

1.8L¥3,780円

丹沢山・しぼりたて 純米吟醸 720ml ¥1,733円 

1.8L¥3,465円

手作りですので、天候等により、入荷日が前後する場合もございますのでご了承ください。(画像は昨年の吟醸の垂れ口の画像です。今年は純米吟醸のみの入荷になります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おうちで家庭科

Pc140049kabar_1  本日、娘と一緒に炬燵カバーを 作成。家庭科でミシンの使い方を習っているそうで、練習したいというので、じゃ、ついでにと。

練習用だから、良い布はもったいないので安い布で我慢。色も柄も我慢。

4メートルのを買って半分に切って縫い合わせて、回りをとじただけ。ひたすら真っ直ぐ縫わせました。長いから、縫い応えあったぁ~。でも、2時間程で完成!次は座布団カバーを。

でも、本当は正直言うと、お裁縫って苦手なんです。子供にはそんな事言えないし。。。たまにはミシンも動かしてあげないと可哀相だしね。今日は親子ともども頑張りました。(^^)v

ワインはほんのご褒美。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

馬刺しとお酒、第2弾

Pb250030basasi_2  この冬2回目の馬刺しとお酒の頒布会。ブログでは初めてのご案内です。

会津より直送の馬刺し1パック(4~5人前特製甘辛みそ付き) に今回は高知の地酒、アリサワさんの『文佳人・純米』をセットにしました。

馬刺しはヘルシーなロース。くせが無くとってもやわらかいので食べやすい!お好みでお醤油に甘辛みそを溶かして付けていただきます。

お酒はあけぼのというお米を55%まで磨いていますので、法律的には純米吟醸を名乗れるクラスのお酒です。

Pc120043bunkajinjyunmai ここの蔵元さんは、全量手造りの槽しぼりで出荷しています。アルコールも17~18%と原酒のままですが、単なる純米酒としか表示していません。それででしょうか、とっても手頃なお値段で嬉しい限り。私が高知のお酒の美味しさに目覚めたのはこのお酒がきっかけでした。穏やかな香りと、袋しぼりのとろりとした旨味が馬刺しに良く合います。

1セット ¥2,860円 (税込み・送料別) 入荷予定日は 12月23日(土)昼頃です。お申し込み締め切りは12月19日(火)まで

なま物ですので、ご予約のみのお取り扱いとさせて頂きます。

発送も承っております(クール便扱いです) その場合、代金は先払いとさせて頂いておりますのでご了承下さい。入荷してすぐ発送しますので、遠方(北海道、九州沖縄)を覗いて翌24日着になります。なんだかとっても営業チックな文章にまとまりました。(笑 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

お酒の試飲

気がつくともう12月も半分近くまできている。ここ最近も忙しさにかまけて、日記さぼってました。

ここ数日お刺身続きで、し・あ・わ・せ。今日も買い物に行くのが遅くなって、半額のシールが付いたお刺身が目についてつい・・・

で、試飲と称して本日もお酒を。

Pc120041kikunotukasa  入荷したばかりの新酒しぼりたて。岩手の菊の司さんの亀の尾仕込みの無濾過純米生原酒。幻の酒米ですよ。

開栓してグラスに注いでも新酒にしては殆ど香りは感じない。口に含むとしっかりした旨味がたっぷり!何より酸味が綺麗。日本酒度から言うと甘口の部類なのに、酸味のせいか、新酒特有の硬さのせいか、辛く感じます。お刺身のマグロ中トロが、ブリが、タコがお酒と一体化して口の中で溶けていきます。日本人でよかったとつくづく。

次にお燗。硬さがとれて、旨味が広がるぅ~。鼻から抜ける香りも心地良い。このお酒、熟成したらものすごく美味しくなりそう!原酒だから濃い・・・でも飲み飽きはしない。試しに、ぬるま湯をひとたらし・・・これって割り水。これがまた、いける!全くへこたれないのです。日本酒のお湯割り!?あなどれません。ぜひ、やってみてください。これで1升¥2,520円は買いです!

開栓してしばらくして、ようやくフルーティーな香りが立って来ました。今度は常温でカマンベールチーズと合わせてみたら、これが絶妙。控えめなチーズのクリーミーさと、お酒の控えめな香りが見事にマッチ。試飲のはずが、いつの間にか一升瓶の半分が無い。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

失敗作

Pc010037amerikenu_1  師走ですね。この所、日記も更新できなくて、久々に書いてます。

 料理も時間が無くてなんだかいまいち納得のいかない味。以前料理教室で習ったアメリケーヌソースのパスタとカボチャのポタージュ。

久々だから殆ど忘れていて、レシピをみながらなのに、順番がごちゃごちゃ。なんとか食べられるようには仕上がったけど、ソースがざらついて前のように感動する美味しさにはならなかった。

ポタージュも途中までは良い感じだったのに、仕上げでのばし過ぎたみたい。もっと濃厚な方が美味しかった。サラダを作る時間もなくて、今日はこれだけ。今度はちゃんと時間のある時に、再度リベンジしよう!冬はポタージュが美味しい季節。これから頻繁に登場予定。人参、カブ、カリフラワーなどなど・・・

私は納得しなくても、味的には家族皆好みの味だから、残さず完食。洋食はたまにっていうのもありますが。助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »