« 味みです | トップページ | 歩いた後に »

2008年8月20日 (水)

さきが気になるお酒

P81900812

 一日遅れの日記です。

 今晩何にしよう・・・と考える最近。ヘルシーで、お財布にやさしくて、栄養バランスも考えると、なかなか決まらない。

そんな所に、嬉しい差し入れ♪

いつもの『鯵の叩きお酢ぶっかけ 』(名前がわからないので)

これ、生姜と大葉がいい香味を出して、サッパリしていて美味しいのです!

でも、自分で作るとなると大変そう。これは、千葉の漁師町育ちのM野爺の得意料理。我が家はこれを大好物と伝えてあるので、魚が安く入った時に、うちの分も作って持ってきてくれるのです。

あとはあるもので。冬瓜の煮物人参たっぷりのサラダモツ炒めを塩胡椒味カレー味の2種。

鯵の~お皿を見たとたん、息子の発した言葉が「4等分してよ」です。

争奪戦にならないように均等に分けろと。食べやすいように一口大に碁盤の目のように切り目を入れてあります。

う~ん、でも、均等は難しい。。。ま、どうにか喧嘩にはならずに。

お酒は佐賀の『古伊万里・前(さき)・純米原酒』を。新しく取り扱うようになった蔵のお酒です。

4代目となる後継ぎさんは杜氏修行中の娘さんです。最近結婚されて、新しい支えとなる方と共に頑張っています。

この蔵のお酒はどれも綺麗な酸が魅力的で、これからがとても楽しみ。

このお酒は佐賀特有の西海134というお米も使っていて、山田錦100%のお酒に比べると、エレガントさには少し及びませんが、その分無骨さが地酒のイメージが強い様に思います。

P81900822_2 常温だと原酒の強さを感じますが、お燗にしたのに氷を入れてロックにすると、優しくなって、鯵の叩きによく合います(向かって左)

温かいお燗には、モツ炒めが最高。(向かって右)下茹でし過ぎてすこしパサツキ気味のモツではありますが、モツとお酒がこんなに仲良しだとはビックリ!

旨味の強い原酒のお酒は一杯で飲み飽きするとおっしゃる方もいますが、こうやって、いろんな飲み方をして、いろんなおつまみとあわせてみると、気が付くと二杯三杯と進んでいます。

P81500732P81500722コストパフォーマンスの高い山田錦の原酒や、割り水した山田錦の前(さき)との飲み比べも面白いです。

もう少し熟成したらどうなるのか、次の造りにはどうなるのか、 気になるお酒です。

|

« 味みです | トップページ | 歩いた後に »

コメント

お燗をしてから冷やす・・・面白い呑み方があるんですね。
今年は酒屋さんの息子さんはお土産にお酒を持ってこなかったのでchikoさんのところで味見をしようと思っていたのですが実現しませんでした。

投稿: gingetu | 2008年8月23日 (土) 17時59分

>gingetuさん
最近は酒屋さんでも、こだわり食材もありますからね。
でも、皆さん、酒屋と知っていると、お酒を期待するみたいですね。
味見が出来なくてちょっとだけ残念(笑

投稿: tukui | 2008年8月23日 (土) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153199/42221732

この記事へのトラックバック一覧です: さきが気になるお酒:

« 味みです | トップページ | 歩いた後に »