« 呑み切り会~其の一 | トップページ | 清原に泣けた »

2008年10月 1日 (水)

呑み切り会~其の二

P9240010_2P92400732  翌日はこれも楽しみなお蔵さんを見学。そのあと、酒米を栽培している農家さんへ田んぼの見学。

石川杜氏はじめ蔵人さんに案内して頂いて、連日の呑み切り会と懇親会&2次会でお疲れの所を最後までお付きP92400512_3P92400343合いいただきました。

仮眠程度で殆ど寝ていない筈なのに、疲れた様子は微塵も見受けられず、さすが石川杜氏のパワーは見事です。

P92400262_3P92400302 蔵元は竹原市にある古い町並みの中にあります。

蔵の中も古くからの道具が今も大切に保存されていました。

蔵の中を、蒸し釜や麹室、もと場、道具、仕込み水の井戸など、

石川杜氏が丁寧に説明をしながら案内して下さった のでP92400492P9240065すが、

道具や造りの疑問一つ一つを、造りをしながら試行錯誤する体験のなかで確信に繋げてきたのが伝わります。

P92400812農家さんもお人柄の良さを感じる素敵な方達で、私達の訪問を歓迎してくださりイチジクをご馳走になったり、お土産を頂いたり、なんだか、故郷のお父さん、お母さんとい った懐かしさ。

P92400772見学でご一緒した酒販店さんや飲食店さんも皆さん魅力的な方々で、お酒を通して、人と人との心の繋がりを感じることができました。

蔵でも田んぼでも、車の中でも、石川杜氏のお話は続きます。

その全てにお酒に対する愛が伝わってきて、また、お酒だけに留まらず、

日本の農と食の安全について深く考えていらっしゃることに共感を覚えました。

お米生産者⇔お酒の造り手⇔我々売り手⇔飲食店、消費者との、顔の見える信頼できるつながりは、紙切れ1枚の保証書よりも安心できるものだと思ったのは私だけではないでしょう。

私が今まで求めていたことに、やっと出会えたような、沢山の刺激を受けた2日間でした。

お酒を造るのは『人』なんですね。

私なりにこの蔵のお酒の魅力を伝えていけたらと思います。

|

« 呑み切り会~其の一 | トップページ | 清原に泣けた »

コメント

tukuiさんも、お酒に愛情たっぷりありますもんね!
同じ気持ちを持つ人同士って、やっぱりどこかで出会う運命に違いない。
絶対に、絶対に、この出会いは宝になると思います。
そういうtukuiさんが素敵♪
私は何も知らずにただ美味しい~って飲むだけの人ですけど、それを支えてくれるのは
お酒に愛情もった人々だって、すごーく思えるようになりました。

投稿: hirorin | 2008年10月 1日 (水) 22時44分

>hirorinさん
美味しい~って飲んでくれる人がいるから、蔵元も酒屋も頑張れるんです!(笑
だって、それが何よりの励みですもの。

酒屋と言っても、うちなどはまだまだ浅い新参者。

早くから注力して頑張っている酒屋さんや飲食店さんはには全く及ばず、ただただ尊敬します。

でも、愛情だけは溢れるほど持ってます(^_^)v

投稿: tukui | 2008年10月 1日 (水) 23時41分

私も日本酒が大好きになったのは、もちろん美味しいから、というのもありますが、
人と人との繋がりを感じられるからです~。
これを造った人の顔を思い浮かべつつ、
勧めてくれた酒屋さんの顔も思い浮かべつつ、
知らない人だったら「どんな人が造ってるのかなぁ~。」って想像したりして。
飲み友達と熱く語るのもまた大事で。
竹鶴もまた、そんな人の温かさを感じられる日本酒ですね。

投稿: まき子 | 2008年10月 3日 (金) 07時36分

>まき子さん
この時代だからこそ、人の温もりを感じられるって
大切なことだと思います。

私も伝えることで誰かに温もりを感じてもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

まだ見ぬまき子さんとこうして繋がっているのも
お酒が結んでくれたご縁ですものね。

少しづつゆっくりですが、大事にしたいご縁に恵まれたことに感謝してます。

投稿: tukui | 2008年10月 3日 (金) 11時48分

そういえばお酒のもつパワーは様々ですね。
最近では化粧品などにも応用されて、昔かながらの知恵は環境にも優しくて・・・

そんなことを考えていくとお酒の魅力はつきませんね。

先日の成枡さんの試飲会にも倉本さんが来ていて色々とお話が聞けました。
現地に行って自分の目で確かめることの素晴しさもありますが、消費者は中々そこまでいけません。
そう思うとお店で蔵元さんに会えるチャンスって貴重だと思いました。

投稿: gingetu | 2008年10月 4日 (土) 15時16分

>gingetuさん
そう、消費者の方が蔵元に会えるチャンスって少ないです。
酒屋だって蔵元と直接会って情報交換している所はどれだけあるか…
そう思うと、逢った時にどれだけ信頼できるか…が問題ですよね。

投稿: tukui | 2008年10月 4日 (土) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153199/42651359

この記事へのトラックバック一覧です: 呑み切り会~其の二:

« 呑み切り会~其の一 | トップページ | 清原に泣けた »