« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

捨てる作業、寝る前のお愉しみ

この時期に大掃除作業というのは商売人としていかがなものかと思いますが、

どうしてもさけて通れない事情もあり、せまい住宅事情でなんとか過ごす為に

時間を見つけては、長年ため込んで増えてしまった荷物の整理を。

着なくなった服はもちろん、屋上の物置に仕舞ったままの、スキーの板や子供たちが使っていた物、

独身時代に読んでいた私の古い引き出物などのギフトの数々、貰い物の使っていない食器など等。

全く痛んでいないものでも、昔のガラスのカップ&ソーサーなんていまは使い道が・・・

勿体ないと思いつつ、雨漏りもひどいので屋上のリフォームもしなければならず、とにかく荷物を減らさなくてはならず、

リサイクルショップに持っていけそうなものは選んで、他は捨ててしまうことに。

子供の思い出の品は、懐かしさもあって、捨てるには躊躇します。

私の本は、自分でも記憶にないものや、こんなの読んでいたの!?~と不思議なものが出てきたり面白い発見もあったり、

相方のレコード等を見ると、短いながらも人生の歴史みたいなのを感じたり。

義母Y子さん、着物や帯を捨てると言い出し、それは私が引き取って、

逆に私が捨てた古着を義母が引き取っていたり、結局移動しただけというのもあしますが。

着られそうな着物は着るとして、他は何かの形でリユースやリサイクルできないか検討中。

今は部屋の空きスペースをみつけて、とりあえず、置いてある状態。

ネットオークションなどを利用するのもひとつでしょうが、とにかくゴミとして捨ててしまう量を減らしたいのですが何しろ時間が無くて。

Pb3002212 それでも夜寝る前の唯一のお愉しみ♪

アテは500gの塊で購入していたゴンゴンゾーラ

今、チーズが高いので、ちょっとづつおすそ分けしたり、手土産にしたりと何かと重宝しています。

クラッカーも何もないので、お皿にとってミニフォークでチビチビと。

お酒もあるもので。日置桜生もと造り山田錦純米16BYが、ほんの一口残っていたので。

これがゴルゴンゾーラと口の中で溶かしてからませると、たまりません。思わず瓶を逆さにして、最後の1滴まで味わおうと、はしたないことをしてしまいました(苦笑

はじめて、チーズと日本酒のマリアージュを覚えたのは、今は扱っていない某蔵のふなくち(垂れ口の酒)でした。

あれはあれでフレッシュでジューシー、お米の旨味が濃厚で、目をまん丸にして思わず「おいひぃ~」と言ってしまうような、その相性も忘れられません。

今のこのお酒は熟成した具合がなんとも言えず、うっとりと目を閉じて、とろけるような美味しさに浸ってしまう大人の相性と言いましょうか。

後ろの18BYのお酒も美味しいのですが、流石にこのとろける感にはまだ時期尚早。

もちろん開栓してからも長く置いてあったこともありますが。う~ん、もっと飲みたい・・・

この味わいを堪能できて、人生の楽しみが一つ増えて得した気分。

実は色々試していますが、ワインとチーズの相性の方がかなり難かしい気がします。

日本酒とチーズの方が相性の良い組み合わせを探しやすいような・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

感謝です!

昨日は雨の中、バイクのタンデム。何年ぶり?正確には何十年ぶり?

タンデムといっても、不良主婦の二人乗りです(笑

ずぶ濡れになっちゃったけど、このちょっとした無茶が、みょーに楽しかった~♪

寒かったけれど、風邪もひかず。もっとも後ろの私はそれ程でもなく、運転の銀さん、ごめんなさいです。水も滴る良い女ふたり!?・・・ということで。

この所、ステキな酒縁に恵まれる機会がポツポツと。

楽しい時間を共有した、新しい出会いがあったり、

また、苦手なPCをあれこれ指南して頂く時間を作ってもらえたりと、幸せ物だな~と思います。

果たしてちゃんと指南どおりできるかは、これからですが。感謝の気持ちを忘れずに、頑張ります!

Pb2502202 柿とカブのサラダ

蔵元さんから頂いた、会津のみしらず柿を使って、サラダにしてみました。

あ~、いよいよ年明けに届く会津のお酒が楽しみ♪

スライスして塩で揉んでしんなりしたカブとカブの葉を柿と一緒にドレッシングで和えるだけ。

ドレッシングは、豆乳・グレープシードオイル・千鳥酢・塩・胡椒・ハチミツ・乾燥バジルをシェイクしたもの。

柿は柔らかめに熟したものと、まだ硬めのを両方入れてみたら、トロンとした食感と、しゃっきりとした食感の両方が楽しめました。

柿の甘さが結構感じられたので、もう少しドレッシングは酸味を利かせた方が良かったかな。

子供は受け入れられないようで、ちょっとしか食べず。でも相方が全部食べてくれました。

火を使わずにできるし、市販のフレンチドレッシングだともっと簡単!

色んなお酒のアテにも、箸安めにもなる一品です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

記念日♪

昨日は記念日。

午後、お店を抜け出して、お酒の会におじゃまして手作りのお料理とお燗酒を昼間から楽しんで。

Pb230212_2  夜は自宅でワインで乾杯。ダイエットは成功していないけれど、記念日ということでシャンパンから。

色々あったけれど、20年はあっという間でした。

おめでたいというよりは、人生の岐路を間違えた日だ~・・・なんて思った日もありましたが。

これからも、どうなるかはわかりませんけど、とりあえず今は20年という節目をお祝い。Pb2302022

お肉もパンも美味しくて、結局2本全部開けてしまいました。飲み過ぎです(笑)

家族からのプレゼントのケーキ。こんなメッセージまで添えてあって、サプライズ。

よく覚えていたと思ったら、近所の電気やさんから届いていたメッセージで気づいたとか。

とっても美味しいケーキでした♪

前日が良い夫婦の日で、今はこの日に結婚する人が多いようですね。私達もそのほうが良かったな。勤労感謝の日だと、一生働き通しになりそうで(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

鮭のムニエル

昨夜、数日ぶりに日記を書いて、最後の最後に消えてしまって。

本日書き直し。

足の方ですが、もう2~3日固定が延長。少しはよくなっていると思いきや、

「あんまりかわらないね~、随分派手にやっちゃったんだね」ですって。

だって、伸びきった所に、この体重が乗っかったのですから。

十代の子でも、3ヶ月かかった人もいますから、程度の問題で、歳のせいではないと思いす、きっと!

銀座に出るのもキャンセルして、買い物以外は外に出ていないので、

そろそろ辛くなってきましたが、ボージョレ・ヌーヴォーも解禁になって、

この週末は色んな方が見えて、色んな話をすると気持ちのリフレッシュになります。

でも、それ以外の平日は、静かです。こんなんで良いのでしょうか?

夜なんて怖いくらい。周りのお店も、閉めるのが早いのでウチが一番最後。

8時を過ぎると心細くなります。数日前に目つきの鋭い人がひとしきりお店の中をみて

何も買わずに帰ったそうで、おまわりさんにパトロールを強化してもらわないとちょっと心配です。

15~16年ぐらい前は10時弊店でも人通りはあって、それ程怖さは感じなかったのですが。

Pb1401582_2

鮭のムニエル

ちゃんとした国産の鮭は、変に油っぽくなくて、美味しい!

皮目もパリパリ!上手く焼けました。

いつもならコクのあるちょっと重めの白ワインに合わせるのですが、

胡椒や乾燥バジルをきかせたので、スパイシーで、ボージョレなどの赤ワインにも合いました。

Pb2302172

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

打たれ弱い私ですが

Pb2001862打たれ弱い私は、色んな場面で凹むことがよくあります。

昨日も、かなり凹んでいたのですが、何時の場面でも誰かに救われて(お客さんが多いです)ありがたいと思います。

突然の訪問を頂いて、色々お話しをするうちに気分が軽くなったり。お土産まで頂いて嬉しい限りです。

他にも思わぬ届け物に心が晴れたり、お客さんとの何気ない会話で心が温かくなったり。

今日はお子さんが3人もいらっしゃるとは思えない、とっても可愛らしい奥さんが来店。

「今日は寒いから、お燗のお酒が無いと忍びないと思って。」って、なんて優しい!

いつもは週末にご主人が買いにみえるのですが、たまにお仕事で来られない時も。

多分この前の週末が、そうだったのでしょうね。無くなったら、ちゃんと買い置きしてあげるなんて出来た奥さんです。

旦那様はこの奥様が可愛くてしょうがないんじゃないかしら?理想的な夫婦の形ってこういうものかなと思います。

この方、親御さんにもお米を送ってあげたりと、思いやりと愛に溢れています。

この年代の若いパパママさんは、自分達の親からは貰う一方の人が案外多かったりしますが、

こんな所にも気遣いを感じて、若いのにしっかりしているなと感心します。

さて、私にはおもいやりと愛が溢れているのでしょうか?改めて自分の心を見つめなおしてみましょう。

Pb1901802 急に冷え込んだので、今期初のおでんを作りました。

たっぷり二日分はあります。

高野豆腐を入れるのが、私流。

子供の頃、はんぺんは入っていなくて、高野豆腐だったのです。

これが味がしみると美味しいのなんのって♪

そろそろ良いかな・・・とお燗に手がのびてしまいました。

そう言えば、おでんの屋台って最近見たことないけど、ドラマのように一度で良いから、屋台でコップ酒を飲みながらおでんを食べてみたいな~。

明日はボージョレ・ヌーボーの解禁日。お休み返上です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

お待たせしました、馬刺しです

Pc230004basasi1223_11そろそろですか~?の声にお答えして、ようやく重い腰をあげます。

  今期1度目の会津の馬刺しとお酒です。

なま物ですので、予約のみの取り扱いとさせて頂きますのでご了承くださいませ。

今回のお酒は、小笹屋竹鶴宿根雄町生19BY・720mlです。

P71800082_2今まで色々なお酒と合わせてみて、以前、別の純米生原酒との相性が印象的でしたので

  今回はこのお酒にしてみました。

馬刺しそのものはとてもさっぱりしていて、ヘルシーなものです。牛肉のように刺しのはいった輸入物ではありません。

ついている特製のお味噌が甘辛い韓国風で、にんにく醤油で食べるのとは、違った味わいで

一度食べたら、ファンになる方続出です。

会津の馬刺しと旨い酒セット ¥3,150円

入荷予定日 11月29日(土曜日)

ご予約締め切り 11月26日(水曜日)昼まで 

お申し込みは店頭、もしくはEメールにて承ります。

※お酒の数に限りがありますので、完売の場合は別のお酒になる場合もございますのでご了承ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

捨てます

それ程物を集めたつもりがなくても、いつの間にか物が溢れてしまっています。

狭い住宅事情では使わなくなったものは捨てなくてはなりません。

いったい人は生きていくうえでどれだけの物を捨てているのでしょうか?

別な形でリユースできそうなのもありますが、そんな時間もないので、沢山のものがゴミになってしまいます。心が痛い。

Pb1701722Pb1701713  思い出の品とも、お別れすることにしました。

若気の至り。

名前なんかつけたりして、どれだけ自己主張したかったんだろう?

ヘタッピだったのに・・・と今思うと恥ずかしくなります。

かび臭い。。。もう着る事もないし、こうして、写真に収めて、思い切って捨ててしまいましょう。

所でこれは燃えるゴミですか?燃えないゴミでしょうか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

簡単レシピ・その3

煮詰まっていて仕事がはかどらない・・・言葉が出てこない。。。

仕事とは別に片付け物もやらなくちゃ・・・でも、足がこんなで、動きもままならなくて・・・

結局何一つ進まないまま、1日が終わる日ってあります。やることは沢山あるのに。。。

充実した日はお酒も美味しいですが、こんな日は飲む気分にはならず。

本日は無理なく休肝日。

Pb0400983_3 鳥レバーのネギ生姜煮

サッと洗って一口大に切ったレバーを

酒・醤油・みりん・出汁・生姜のみじん切り・斜め切りのネギを入れて似ます。

少し濃い目で甘辛い味はおかずに最適。

もちろんお燗酒があったら最高ですが。

これにおひたしとおしんこがあれば栄養のバランスも最高。

最近の価格の高騰でお肉は値上げしていますが、こういった、内臓系はあまり値上がりしていないって知ってますか?

栄養価も高いし、主婦としてはこれから頻繁に食卓に登場機会を増やしたい食材。

バリエーションがキーポイントすね。

煮詰まったら煮物作って食べて、栄養とって、明日に備えましょうっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

レタスのしゃぶしゃぶ

本日松葉杖返却。だって、全く使わないんです。活動範囲の殆どは狭い家と店だし。

今日は再度のレントゲンで、更にもう1週間の固定を言われました。

Pb1401522 少しは良くなったかとの期待も虚しく、

先生に「まだどうこういえるレベルに至っていない!」とキッパリ言われてしまいました。。。確かにまだ晴れは引いていません。

じいちゃんのサンダル、何処に行くにも今はこれを履いています。というか、固定しているからこれしか履けないのです。メンズのLサイズ。1~2週間の我慢。

正常な左には妙にデカくて、踵があまっていますが、固定している右には小さいくらい。かといって左右違うのを履くのもなんだか。

Pb1301472 レタスのしゃぶしゃぶ

鶏肉・生姜を茹でて出汁がでたらネギと塩・胡椒を加え、レタスをしゃぶしゃぶ。

寒くなるとサラダよりこちらの方が美味しく感じるから不思議です。

ほかにお好みで豆腐やきのこなどの具も加えて。

今回はエノキ茸・木綿豆腐などと〆にラーメン。

鶏がらや骨付き肉だとより出汁が出ます。

相方はドイツの白ワインを飲みながら。わたしはお晩茶を飲みながら。。。

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

簡単レシピ・その2

Pb1401512 頂いたレシピ本をみて、こんなブログもいいな・・・なんて感化されやすい私。

サッと作れる簡単なおつまみを1行のレシピと写真で伝える本。お酒も一緒に紹介されています。

写真の1枚1枚が、料理と一緒でとてもシンプルで綺麗です。

昨日から、ちょこっと参考にしながらやってみたのですが、本日も塩辛レシピの続きです。

Pb1201462_2  ジャガバタ塩辛

茹でた(またはレンジでチン)熱々のジャガイモに塩辛とバターをのせます。

最高のお酒のアテになります。

実家の両親が育てたジャガイモはより美味しく感じます。

せっかくなので皮つきのまま(笑

あまりにシンプルなので、もう一つ。

Pb1001352 烏賊とエリンギのパスタ

オリーブオイルにニンニクの香りを出し、玉葱・烏賊ゲソとワタ・エリンギを炒めて白ワインを入れてアルコールをとばしたら、茹でたパスタをあえ、生クリーム少々・塩辛・塩・胡椒・醤油・バジルを加えて味を調えます。お好みで仕上げにバターを少し♪

※塩辛が沢山あれば、ワタは入れなくてもOK。ただし、塩辛は食感の存在が薄れるのでゲソを入れたほうがおいしいです。

これは、ワインでも日本酒でもあいます。う~ん、飲みたい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

簡単レシピ・その1

怪我をしたのが月曜日。今日たまたまみつけた月曜日の占いに

「注意力散漫な日。事故や怪我に気を付けて」と書いてありました。当たってた!?

で、本日はというと、「待ち焦がれていたものがついに手に入る日。何をやっても上手くいく」ですって。

今日は特に何にも無かったですが。あ、色んな方から早く良くなってと温かい言葉は沢山頂きました。

ま、占いはあくまで占いです。

今日はお店番も少しだけにしてもらってあまり動かないようにしていました。

Pb0901262 ニンニクの芽とツナの炒め物

お客さんのOさんから教えてもらったレシピです。我が家流に多少かわっているかもしれません。

ニンニクの芽は4~5センチの長さに切ります。

フライパンにごま油を少量入れて温め、ニンニクの芽とツナ缶、日本酒少々を入れていためます。

ニンニクの芽に火が通ったら御醤油をまわしいれ胡椒少々をふって全体をなじませるだけ。ニンニクの芽がとっても甘く感じます。

御醤油の種類によって塩辛さも違いますので味を見ながら加減して下さい。

ビールにも焼酎にも、ワインならドイツやアルザスのゲヴュルツトラミネールのようなスパイシーな白に、また日本酒にも合います。

Pb0901282  先日作った塩辛

相方はお酒のアテにして飲んでますが、私はご飯のお供として。。。

久しぶりに作ったせいか、なんとなく生臭みがある気がします。

う~ん、人様に差し入れする味ではない・・・今回は自家消費しましょう。

こんな時はスダチやレモンなどの柑橘系をちょっと搾って。

塩辛をつかったレシピは、その2に続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

なぜか・・・不注意です

昨日、本当に、どうってこと無い所で階段を踏み外してしまいました(苦笑

毎日上り下りししているのに・・・

残り2段ぐらいの所で踏み外してしまい、もう1段のところでつま先がひっかかり、

完全に足の甲が反って伸びきった状態で着地してしまい暫く動けず。。。。。bearing

少し休んだらいくらか痛みはあるものの、歩けるのでお店にも出たり。

でも夜になってみたらやっぱり腫れていたので今日病院にdash

上り坂じゃないので自転車は何とか乗れました。

診察の結果・・・松葉杖のお土産付きでした。。。トホホ。

骨が折れたりヒビが入ったわけじゃないけれど、靭帯の状態は悪いらしく。

ギブスは免れましたが(本当はした方がいいらしい)固定してもらいました。

病院で松葉杖の練習をしていると、指のリハビリでお世話になったAちゃんが

目をまん丸にして、「あら、どーしたんですか?」って。

「階段踏み外しちゃって~」って言ったら、「tukuiさんらしい」って笑われてしまった。

Aちゃんには逢いたかったけれど、こんな形で来たくなかったよ。

自転車で片足固定の状態で松葉杖を抱えて帰ってくるのが一苦労でした。

それにしても、殆ど店か家の中で過ごす私には、松葉杖は返ってじゃま。。。

狭くて急な階段は、逆に落ちて大怪我しそうです。

コケてしまった時、真っ先に思ったのが今日の約束。

包帯とシップぐらいで行けるだろうと思っていたのですが、延期にしてもらいました。

楽しみにしていたのに・・・自分が情けない。。。

さっき義母が来たので事情を一通り説明すると

「あんたは運動神経無いからね~」とバッサリ。はい、彼女が中学時代卓球で鍛えた足腰は今でも健在で

まじめにかけっこしたら、私はかないません。

おとぼけじゃなく、大ドジと名前を変えた方が良さそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

観たい映画

映画は、観たいもとの自分の時間の折り合いがつかなくて、なかなか観られないのが現実です。

その中で、珍しく観たいな~と思うものが宣伝してました 『その日の前に』

たまたま、乗り物の移動時間がもったいなくて、飛行場で買った本が原作。

そのときは読みきれず、試飲会等に向かう電車で読んで、涙腺の弱い私は、電車の中で泣きそうになってしまい、

必死で上を向いて涙をこらえたのがつい最近のこと。誰かに見られていたら、恥ずかしい限りです。

重松清さんの本は、結婚観や子供の問題、親の介護など身近で重なるものが多くて、考えさせられます。

そうそう、寂れた商店街の店主っていうのも出てきたり(苦笑

原作を事前に読むなんて、滅多に無くて、たまたま偶然に興味があって手にした本が、映画化されるのは不思議な感じです。

主人公のキャストも意外ですが、どんな風に映像化されているのか、なんとなく観て見たいな・・・と自然に思えました。

短編で構成された1冊の本ですが、各短編が『その日の前に』で繋がっているというか、微妙に重なっていて、その辺りもどんな風に映像化されるのか・・・

カバーをはずしたら、帯にしっかり映画化決定って書いてありました。気づいてませんでした・・・

調べたら上映してる映画館が少ない!それに来週半ばで終わるみたい。資金力とかがちがうのかな?

さて、時間がとれるでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

烏賊と格闘

一日遅れの日記です。

実家から宅配便でいつものように家庭菜園で作った野菜

生烏賊が送られてきました。

野菜は嬉しいのですが、烏賊は一箱となると嬉しいようなつらいような・・・

こんな時思ってしまう、板さん・・・居たらいいのに。。。

でも、我が家に板さんは居ません。自分でやるしかないのだ!。

お世話になっている所に数ハイ配って、残りはさばいてしまおう!

Pb0801182_2 早速お刺身を2皿。我ながらどうにかそれらしく出来ました。

ちょっと色の茶色っぽい所が私は耳って呼んでる、エンペラ。頭の三角の所。なかなか歯ごたえがあって美味しいのです。

もう2枚を刺身用にさばいて冷凍にも。料理用にそのままでも冷凍して。

あとの残りは塩辛に・・・と頑張るのですがチャチャッとこなせない私には結構重労働。

残りの烏賊を見て気が遠くなります。

Pb0801133Pb0801153

 

それでも、どうにかボールいっぱいの塩辛ができました。

途中、配達が入ったので一旦中断して店に出て、またさばいて。

冷蔵庫に一晩置いて水分を出すとより美味しくできるそうですが、

面倒なのでそのまま切って味付け。

いったいどのぐらいの時間かかったのか。肩が凝った・・・wobbly

Pb0801212さばいている傍らに息子が寄って来て眺めながらアレコレ。

新鮮なのには虫のようなものとアニサキスのようなものが付いていたりして、それを取り除いて見せたり。

息子「ゲソ食べても良い?」

私「一匹ぶんなら良いよ」と言うと早速フライパンを出してバター焼きにしておやつ代わりに食べていました。

Pb0801232 あまりに美味しそうな香りだったので、私達の分もゲソをバター焼きに。

届いたジャガイモはチーズ焼きにして、おつまみ完了。

お酒は珍しく新潟の某銘柄を。小笹屋竹鶴の気一本をブレンドしたら美味しくなりました。

ジャガイモのチーズ焼きがとってもいいハーモニー♪

それにしても2皿目のジャガイモチーズを取りに行っている間に・・・・

やられたぁ~!

Pb0801242 エンペラだけ無くなってる!

そこだけ先に食べるのね。

ま、いいさ、明日はジャガ塩辛が食べられる♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

安芸虎山田錦80%精米

Pb0300942 高知の有光酒造さんのお酒、安芸虎は手頃に楽しめる純米酒が定番となっています。

今回、値頃感あふれるお酒が入荷しました。

安芸虎山田錦80%精米です。

旨味がどっしりとした、しっかりボディーで、日本酒度+10といつもの純米酒より、かなり辛口のキレのある味わいに仕上がっています。

数年前、新潟のお酒で同じようなスペックで美味しいお酒に出会ったことがあって、

新潟にもこんなお酒があるんだと驚いたのですが、今回のお酒はその時の味を思い出しました。

Pb0501062_2ボン、キュッ、ボンのグラビア系美女のイメージ!?

好きな方も多いのではないでしょうか。

  義母の差し入れ。大根も里芋も美味しい季節になりました。

ちょっと濃い目の味付けが、旨味どっしりの安芸虎の山田80%に合って、ついつい進んでしまいます。

Pb0100853

カブも美味しくなりました。これも、義母の差し入れ。

糠みそは美味しく出来たこともあるのですが、忙しいとつい放置してしまって、2~3回ダメにしているので、諦めて義母の差し入れに頼っています。

私が作るおしんこは、もっぱら塩で漬け込むぐらい。でも、それもりっぱな箸休め。

これに鰹のお刺身でもあったら・・・お酒が進みすぎるので止めときます。納豆で我慢。

慎ましやかな夕飯です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

模様替え

11月に入って急に冷え込みだして、流石に水色のカーテンではと、取替え。

我が家は冷え込みのする家なので、クリーム色で暖かなイメージにしてみました。

所で、夏場のキッチンに涼しい色合いの水色のカーテンは、もう一つ、食欲を減らす目的もあったのですが

見事に効果はありませんでした。真っ青のお皿やお茶碗にしないと効果は期待できないかも知れません。というか、そんなコトに期待する前に、自制心を鍛えなさいっていうレベルですよね。

Pb0100802ランチのマーボー春雨丼。お昼はなるべく洗い物を少なくしたいので、丼にしてしまうのですが、お肉控えめの春雨メインでカロリーは低めに。筍・人参・もやし・ほうれん草・ネギ・えのきなどを入れてみました。

でも・・・自分好みの味になるので、つい食べ過ぎてしまいます。

おまけに、食後にクッキーの差し入れ。嫌いじゃないから、別バラに収まってしまいました。

Pa3100742 夜はホタテの殻焼き。故郷を思い出しながら、懐かしい気分で焼きました。バターとお醤油をちょっと。

相方の感想は、もう少しバターが多くかかっていれば・・・でしたが、発酵バターだからもったいなくて。

それと、健康の為には控えた方がね♪Pa3100752_2

白菜やほうれん草、玉葱などを軽くいためて、コンソメ味で。

ベーコンかハムを入れたいのですが、市販のでは怖いので止めときました。

暫く取り寄せもしていないので、野菜だけですが、なかなかいけま Pa3100772_2 す。

この間の試飲会で人気だったシチリアの白ワインを合わせてみました。

野菜にはピッタリだったのですが、ホタテにはもう少し酸味がきりっと光ったワインの方が、ホタテの甘味を引き立てたのかも。

失敗までではありませんが、ちょっと惜しい組み合わせでした。こんな日もたまには。

この白ワインには、いわしの酢漬けや、魚のソテーのソースにお酢を使ったようなぉ料理やカポナータなどのシチリア料理が合いそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

相通じるもの

この仕事をしていて、ワインと日本酒に共通点を感じることが数多くあります。

と書いたら、えっ!?と反論したくなる業界の方もいらっしゃるかも・・・

反対に、そうだねぇ~と賛同してくださる方もいらっしゃるかとも。

確かに同じ醸造酒ですからね。その共通点を私があげるならば

①食事との相性で楽しみの幅が広がること。 Pb0300922_4

②ヴィンテージ(その年の作物の出来や気候)で酒質が違うということ。

③造りのしっかりしたものは、熟成によって美味しく変化していくこと。

④造りのしっかりしたものは、開栓後、数日過ぎても美味しく楽しめること。開栓後にどんどん美味しくなるものがあります。

⑤味のバランスが重要であり、ポイントとなる酸が大切だという事。

Pb0300902 ⑥産地や原料の品種による個性があること。

⑦もちろん味は造り手によって大きく違うこと。

細かく表現しようとすると他にも沢山ありますが、

大雑把に感じるのはこんなことでしょうか。

あ、大きな事を見逃していました。どちらも、伝統のあるお酒なのに、

ビールなどの低アルコール酒に押され、自国では

年々飲まれなくなり廃業していく造り手が増えていること。

先日、ワインの輸入業者さんで伺った話で、とても考えさせられたお話を。Pb0300892_2

ドイツでも温暖化の異常気象で葡萄が過熟になり

上級クラスに補酸が認められた例外的な年の話を聞きました。

どのタイミングでどれだけ補酸するか、各蔵が苦闘するなか、ある蔵の経験を積んだ造り手さんが、

「こんな年が昔もあったが、補酸なんかしなくてもうちのワインは大丈夫だ。ワインの酸は大事だが、酸でもつわけではない」と言ったそうで

その言葉を信じて補酸しなかった所、数年してみて、結果的に長命の良い仕上がりになったそうです。

逆に補酸した蔵のワインはというと、加えた酸が上手く溶け込まず味がバラけてしまい、まとまりの無いバランスに仕上がったそうです。

私も、ワインは酸で持つ(熟成に耐えられる)と思っていたので、この言葉は驚きでしたが、

  果たして何で持つのか・・・?

ワインはミネラルで持つのだそうです。納得!このミネラルが時を経て色々な旨味に変化していくのでしょうね。

ミネラル豊かなワインになるには、やはり、ミネラル豊かな葡萄でなければなりません。

そうなるには肥料や農薬は極力使わずに、過酷な条件の中で地中深くに根を張った木が付ける実でワインを仕込む為に、葡萄作りからこだわるということです。

これって、日本酒のお米でも同じじゃないですか。うちで扱っているお米の生産者さんも、同じ考えです。

蔵元さんで案内して頂いた農家さんでもまた、同じような話をされていました。Pb0300912_2 

ましてやせっかく出来たお酒を濾過するなんて、ミネラルのいいところをわざわざ捨ててしまうようなもの。

余計なものを加えるのは、お酒の味のバランスをかえって壊してしまうことになります。

たまたま古本屋さんでみつけた、自然農法の本を読みかけなのですが、やはり同じような考え方のようです。

自然に逆らわずに、過保護にしない育て方、余計なものを加えないことの大切さは、様々な作物にも、お酒にもワインにも、相通じるものを感じます。

Pb0300882いま、盛んに自然派ワインや有機米の清酒が謳われていますが、

以前から、ラベルに記さなくてもそうして造っている蔵があります。一方で大きく謳っていても、味が追いついていないものもあります。

そのつくり手の真の心が伝わる本ものを、見極める目が必要な時代ですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

私の技術

Pb0100822 私の持っている技術といったらこれぐらいです。

今ではめっきり披露する機会が少なくなりました。

3本、5本なら結わけます。今は大手さんのお酒なら、機械であらかじめ結わえたのがあります。

似た様な技術を独身時代に見につけました。

画像はありませんが、お金の束を作る技術です。

硬貨の束はお酒の結わき方と良く似ています。お札の百枚単位、千枚単位まで。

今では、機械がするのでしょうから、これまた、必要の無くなった技術で、なんの役にもたちません(苦笑

熨斗を上手く書くために、書道は続けておくべきだったと、深く後悔しています。字が上手いに越したことはありません。

もっぱら担当は相方。私一人のときに書かなければならない時には・・・なんとか書きますが。。。

奉納で収めるお酒を包まなくてはならないのに、月初めだから商品がなかなか届かず、

相方の発注ミスか・・・と、一瞬焦りましたが、遅れて到着。なんとか間に合ったけれど、緊張感あふれる月初でした。

Pb0200872 あ、一応こんな技術もありました。

酒屋として当たり前ですが。センスはまだまだ磨きの途中です。

利き酒の能力は、認めてはもらっているものの、相方には一歩及ばず。

でも、それを伝える言葉と笑顔は私の担当です。美人じゃなくたって、スマイルがあれば♪(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

玄米ご飯

お肉をたっぷり食べた次の日はやっぱり、バランスよくマクロビで。

なんて、マクロビオテックって言うとお洒落だけど、たんなる粗食ってことでしょ。

Pa3100722 玄米ご飯、野菜たっぷり味噌汁、ひじき煮、大根のおしんこ、鯖の水煮缶と、

最高にバランスのとれたランチ。これを外で食べたら、結構なお値段するのでしょうね。

この玄米ご飯のせいでしょうか?

最近少々無理な食べ方(夜食にラーメンとか)をしても、体重が増えなくなったのは。これからは、毎日がこんな感じでいこうと思います。

子供にはブーイングでしょうねぇ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

休日ランチ

木曜は休日ランチ。遠出もしたいのですが、こまごました片付けもあって、近場でという事に。

久しぶりにとんかつ二条さんへ。でも、前日の昼にうちのお隣のとんかつだったので、

Dscf0079nijyou2_3 今回はハンバーグをチョイス。写真を忘れたので、HPから拝借です。

相方はハンバーグとキスフライのセット。私はハンバーグとミニチキンカツのセット。お味噌汁おしんこがついてます。

外で食べるハンバーグって、本当に久しぶりです。やっぱり、プロHanchikin1にはかなわないですよね~。柔らかいけれど、程よく歯ごたえもあって、ジューシーです♪

このキスフライについている手作りのタルタルソースも美味しい し、オリジナルのハンバーグのソースもジンジャー風味の良いお味♪たっぷりの野菜にかけるこれまたオリジナルドレッシングが美味しくて、野菜がもりもり食べられます♪

ドレッシングは買って帰りたいとの声も多いとか。でも、手間をかけて作っているので、売るほどは作れないそうで残念。

ここのご主人と奥さん、お二人とも日本酒好きで、仕事を終えて、飲むくつろぎタイムに「疲れが癒されるよね~」との嬉しい言葉。

日本酒の裾野をもっと広げたいとの思いに賛同して、とんかつ屋さんですが、日本酒も扱っています。

日本酒を勧めると、やはり「頭が痛くなる」とか「翌日が辛くなる」と言った声が多いそうです。

日本酒のそんなイメージを払拭しなくては。

今回、カツやタルタルソース、またハンバーグやポークソテーに合わせて、3種飲み比べセットにして日本酒の普及に力を注いでいます。

早速「相性をみるだけだから」とランチで注文の相方。私は昼間は動きたくなくなるのでやめときました。

ボリュームもしっかりで、その辺のファミレスのランチより、ずっと美味しくてお手頃です。

Pa3000592 食事の後は土手を散策。川岸ぎりぎりまで降りたのは初めて。逆光の方向では、おじさんたちが釣りをしていました。

小さな魚や、結構大きめの魚もあちこちで飛び跳ねてその度びっくり!

あ、のんびりばかりもしていられない、衣替え、途中のままでした。

Pa3000612 夜は、急に寒くなったので、キムチ鍋。一気に鍋の季節になりました。

子供たち、久しぶりの鍋、食べる食べる!

さて、これから、鍋生活の季節開始です。 

衣替え、結局途中のまま。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »