« 大変だった~ | トップページ | スペアリブとお酒と♪ »

2008年12月 9日 (火)

お酒は何年もつのでしょう

Pb2001992 お店の棚に並んだ試飲用のお酒から、ほんの少しだけ残っていたお酒を。

瓶詰め日が去年の10月だから、開栓して、およそ1年ぐらいになるでしょう。

記憶からしても、ちょうどそのぐらい。

殆ど同時期に仕入れて、同じ頃に開けていまPb2002002_4す。

乳酸系の香がして、ほっこり旨い。

開けた時にもいい味でしたが、1年経って丸みがでて、より美味しくなってます♪

ワインは2~3日後に美味しくなってるっていうのはありますが、流石に開けて1年は持ちません。

日本酒の底力ですね。こうなるとさて、どのぐらいまで大丈夫なのか、実験してみたくなりますよね。

私が経験したのは、7~8年(たぶん)もしかしたら、もう少し経っていたかも。これは四合瓶に2~3センチ残ったものを棚の上に置いたまま完全に忘れていたものです。

忘れていないと、無理ですね。昔から物忘れが多い私ですが、最近は卑しくて、お酒の開けてあるのだけは忘れないのです。

   

|

« 大変だった~ | トップページ | スペアリブとお酒と♪ »

コメント

「木戸泉」蔵@千葉県大原なんぞは、30年古酒を計画的に生産してますので、まっとうな造りの純米酒の場合は、想像以上に長期熟成には耐えられるようです。

投稿: 狼亭 | 2008年12月10日 (水) 16時57分

>狼亭さん
木戸泉の古酒のセットがウチにも。

開栓したお酒の長期熟成、狼亭さんなら、相当経ったのも経験してそうですね。

投稿: tukui | 2008年12月10日 (水) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153199/43367926

この記事へのトラックバック一覧です: お酒は何年もつのでしょう:

« 大変だった~ | トップページ | スペアリブとお酒と♪ »