« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

たまの贅沢・その2

 平日とあって、大浴場も貸切状態。出たところには牛乳が冷えてあって、至れり尽くせり。思わず童心に返り、数十年ぶりに風呂上りのコーヒー牛乳を。誰も居ないからもちろん礼儀正しく腰に手を当てて!(笑) 

朝には牛乳がヤクルトに。これも童心に返って。

 新館と旧館を行ったり来たりでそれ程ひろくないものの、迷子になりそうではありましたが、それも楽しかったり。

何度もお風呂に入ったせいか、夜とてもノドが乾いて、冷蔵庫の飲み物を全部、カラにしてしまいましたが、これもサービスなので嬉しい!

Dvc00352_2 Dvc00353

露天風呂もなかなか。部屋数が少ないので、貸切露天風呂は、予約ではなく、空いていればいつでも入れるみたいです。夜は見えなかったけれど、向こうに滝がみえました。

Dvc00371_2 朝から懐石sign02 思わずまたbottle飲みたくなるようなメニュー。「朝からこんなに多くの品数を頂いたのは初めて。」と思わず声にだしたら、仲居さんが、「でも、ヘルシーですから。」とにっこり。めざしがこんなにも美味しいとはhappy01

Dvc00370 

お食事処からの眺め。

Dvc00372

デザートが朝も2種note 食後のコーヒーも丁寧に淹れてあって、バリスタさながらのお味。

朝食の時間もゆっくりだったので、本当にのんびりできました。

ゆったりとした時間の流れと美味しいお料理を堪能できました。

たまにはこんな贅沢もいいですね。また、訪れたい所です。

帰りの電車も貸切状態(笑)

Dvc00358 車窓から見えた海の景色。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

小松菜せんべい

  Dvc00007_3

  お陰様で、人気商品となりました。

最近では箱買いする方もいらっしゃいます。

正直、缶ビールよりも売れてます(苦笑)

発売に至るまでの苦労が報われました。

新しく商品を開発するのって、資金も、時間も労力も要ります。

大勢でやろうとすると意見がまとまらず、

限られた人しか動かないため

なかなか大変なものがあります。

パッケージ一つとっても、味や価格を決めるにしても、

その他の交渉事も。でも、その大変さを経験することによって、

より商品に愛着を持てるし、色々な事が勉強できますよね。

「ちょっとあげるのにいいのよね~」

「頂いたら美味しかったから」

ご来店されてこんな言葉を頂けるのは何よりの励みになります。

嬉しい限りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまの贅沢

楽しい情報を・・・と思いつつ、ちょっと、ワナワナとするような出来事があり

UPするのが遅くなってしまいましたが。。。ま、一応落ち着きましたので。

何年ぶりだろう、上げ膳据え膳の旅行spa

Dvc00350_2

まず、宿に着いて、滝の見えるフロアで薄茶手作りのお菓子を頂きながらチェックイン。なんだかコレが恥ずかしい。

Dvc00351

お部屋にも露天風呂。でも、これ、向こうから透けて見えてない?始めはとっても気になりましたが

途中から、どうでもよくなって、気にせず何度も入りました。ゆっくり本を読みながら入れます。shine

Dvc00361

夜のお食事。まずは、お風呂上りのbeerが旨いsign01

Dvc00360 食前酒と前菜と=懐石ですlovely

Dvc00362_2 Dvc00363 お椀お造り地元のお酒bottleと。本わさびが嬉しいup

Dvc00364_2 Dvc00365_2 海の幸、山の幸両方の石焼酒盗ダレで。あわびはお刺身より、こうして焼いた方が好きかも。ほっぺが落ちそうdelicious あ、もともとか。

Dvc00366金目鯛のしゃぶしゃぶも絶品でした。お酒もすすみます。冷酒のリストになぜか大七の生酛をみつけて、お燗をつけてもらいました。って、お燗の方が断然美味しいのに。。。ここで雑炊をすすめて頂きましたがすでに満腹なので、そちらはご遠慮して。

Dvc00367まだ、お料理は続きます、伊勢エビの創作料理。あ、他にも途中でチョイスする魚料理もあったっけ。撮り忘れ。確か、金目鯛のアラ炊きと、ふぐのから揚げだったような。両方味見したいので、ひとつずつ頼めるのもありがたいnote

Dvc00368 デザート2種。どちらも素材の味が引き立つ程良い甘さで、お酒のあとにも美味しいかった~

今回お料理と温泉にこだわって、珍しく相方が下調べして選んだお宿。

初めての当たりかも(笑) 続きもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

本日〓

本日〓
臨時休業です。
ちょっと出ています〓
おやすみにして出るのは初めてです。
お隣りの団体のおじ様方が賑やかなのがちょっと残念ですが〓

それにしてもあったかいですねぇ〓

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

日常のなかの潤い

100117_201937_ed_ed 先日は手作りのたくわん で、昨日は活きの良い牡蠣とホタテのおすそ分けをいただきました。

これはやっぱり断然がいいでしょ!と思いつつ、レモンを買い忘れて、近くのコンビニまで自転車を走らせるも無し。

遠くまで行くのを覚悟した時、閉店後のシャッターの前に偶100117_210140_ed_ed然何時もの八百屋さんが。なんとか分けてもらえて、ラッキー!

帰って早速生まれて初めての牡蠣の殻むきに挑戦!

タグがついていて、それを動かしながら引いていくと、上手く開けられました。

100117_210102_ed_ed

とっても便利なこの技術、どういう仕組みになっているのかしら???不思議です。

ホタテも初めてではないものの苦戦しながらも、キレイに開き、華やかな夕食に。

甘エビもあったので、甲殻類尽くしの夕べとなりました。

よく考えたら、この冬初めての生牡蠣かも。口の中に広がる潮の香。まるで海にいるよう。

お酒は相方の気分で日置盛の純米復刻ラベル。海と岡をうまく繋げてくれるそんな存在は、牡蠣にも、きんぴらごぼうにも、合いました。

相方、ベストチョイス!

一度でいいから、フランス人のように牡蠣でお腹を満たしてみたいものです。

思わぬ頂物は、最近のサプライズのない日々の潤いになりました。happy01

少し前に頂いた珍しい物も、まだ載せていませんでした。次回にでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

今頃ですが

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

穏やかなお晴天sunに恵まれたお正月は、一日にお煮しめを煮た以外は、なんということもなく過ごしました。

今までは実家の母が、私が暮れまで仕事なので作る時間がないだろうと、煮て送ってくれたのですが、

年をとって、億劫になったのか、今年はなし。でも相方と子供達が、「煮しめがないとお正月の気がしないよ~」と言うもので渋々。。。

青森のお煮しめは、山菜の入ったおでん風といったところでしょうか。

写真を撮るのを忘れていたら、いつの間にか鍋は空でした。

100110_204724_ed

 さてお正月も過ぎても、相変わらず、beerbottlewine飲んでいます。

お正月に食べすぎて胃が疲れているので、最近はこんな感じです。

干しカレイ、田舎の長いもの千切り、なます(頂きものの大根があったのでお正月も過ぎて今頃作りました)、残り物のおでん。

あ、この中の頂き物の沢庵がとても美味しかったです。家族から「良い大根使ってるね~、美味しい!」と翌日も催促がありました。

小出しに大事に頂きます。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »