« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

ここは何処?

自分で企画しておきながら、風邪を引いて、

落語会に参加できなかったおとぼけです。残念down

ホントに楽しみだったのに・・・weep

Dvc00219_3  Dvc00218_2 

Dvc00203_3   Dvc00198_2 

また、過去記事になりますが。

都内とは思えませんが、こんな所があるんですね。

滝が流れていてせせらぎが池に繋がっています。

Dvc00220  Dvc00240_2

Dvc00239

東京見物その2です。 根津神社界隈を散策、

滝があるのは須藤公園という緑豊かな所、ここで一息。

千駄木、根津、谷中あたりをふらふらしてみました。

下町といいますが、千駄木は高級住宅街も。

江戸川とは風情が違います。

谷中の商店街は、幅広い年齢の人々が散策、

私もついメンチカツを食べ歩き。

坂道があったので、随分歩いた感があります。

呑みたいところですが、雲行きがあやしくなり、

雨宿りしながら、映画『テルマエ・ロマエ』を。

突っ込みどころ満載で笑えるくだらなさが良かったかな。

夫婦で2,000円、一人なら1,800円

「なら私は一人で観に行く!」と言った友達がいましたが(笑)

今回は相方と。

まだまだ知らない東京見物、趣味になりそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

落語会

相方です。

昨日のとんかつ二条さんでの第1回落語会、大盛況でした。

カミサンがお燗番として手伝う予定が、悪寒がすると

風邪をひいた様で、皆さんに移してはいけないと、

急遽ピンチヒッターでかけつけ、途中からですが、

何とか神楽師匠の高座にも間に合いました。

様子はとんかつ二条さんのブログで。

師匠、腕上げましたな~(なんて上目線でcoldsweats01

落語好きの方も、初めての方にも、喜んで頂けて何より。

お弁当のかけ紙に、二条さんの人柄がみられ、

皆さん捨てずに持ち帰ったのも納得。

とても素敵な会となりました。

Dvc00130_3

Dvc00091

 落語の良さと、日本酒の良さが、

僅かでも伝えられればこれ幸い。

その上様々なご縁が繋がればなおよし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

久しぶりの日記

過去記事ではなく、久しぶりの日記。

美容院に行ってきたおとぼけです。

わりと気に入っていたロングだったのですが、

暑くなってきて我慢できずに。

着いたら、汗だくで、私の「暑いから切りたい」という声に

納得の美容師さん。(でも汗だくは私一人?のようでしたsweat01

ちびまるこちゃんにならないように、よ~く相談したけれど

どうかなぁ~???

皆さん、切らずによく我慢しているな~と感心します。



娘がテスト中で早帰りなので、久しぶりにランチに行こうと

とんかつ二条さんへ。

私は美容院から遅れての参加。

娘と相方が殆ど終わりかけた頃到着。

娘は大好きなカツカレー、私と相方はとんかつ定食pigを。

塩とソースと両方で味わえました。

食べ終えてから写メ撮り忘れに気づき・・・coldsweats02

なりきれていない、ダメなブロガーですcoldsweats01

娘、家に帰ってからも「旨かったぁ~」と余韻に浸っていました(笑)



二条さんでの落語会、明後日26日です。

まだ少し席があるようですので、ご参加お待ちしております。

三遊亭神楽師匠、そう、師匠って呼ばなくちゃいけないんですよね。

私は仕事の都合上、途中からの参加になると思いますが

なるべく早く行って、生落語聴けたらと思います。

楽しく盛り上がりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

昼シャンならぬ、昼リムー

出来ることなら、休みの日には昼酒したい、相方です。

頻繁に、というわけにもいかないのが現実ですが。

実に久しぶりに、水入らずの休日(先週の事)

「売るより飲むほうが多い」と文句を言う者が居ないと、

ゆったりのんびりと出来る。

心地よい陽気に誘われ、

昼シャン(昼間のシャンプーではなくシャンパン)ならぬ、

昼クレマンいや昼リムーか。

やはり急に飲みたくなり、近所のパンやへひとっ走りbicycle

Dvc00060_2  

カミサンは休みなりに何かと忙しいらしく、

自分でオムレツでも作るか・・・

と、できたのはスクランブルエッグsign02

オイルサーディンがあったので、それもつまみに。

Dvc00058

すっきりと爽やかなリムーの泡が心地良く、

程よいコクとヴォリュームで、ほのかなナッツのような香りなど、

リッチな味わいが楽しめる。

が、オイルサーディンがいま一つ合わない。

Dvc00048 で、合わせて見た。

自家製のバジルソースと胡椒をきかせてみる。

チーズを乗せて焼いてみたい所だが、

カロリーがスゴイ事になるのでやめる。

見た目にも華やかになり、リムーにもバッチリ。

カミサンがペンネとサラダを作り合流。

『笑っていいとも』を観たのも何時振りだろう ?

休みの充実感が味わえた日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

季節の味

健康とダイエットの為にと、歩くようにしたら、

古傷の右足が再び痛みだしてしまった、おとぼけです。

体重が負担だった?・・・

友達に水中運動の方が良いんじゃない?とすすめられました。

もう何年も着ていない水着、着る前に痩せたいsweat01

意識してローカロリーにしたわけではないですが、

頂き物満載の某日の献立。(ちょっと前になりますが)

季節の香りに溢れ、おまけにヘルシーnotes

Dvc00250 若竹煮

Dvc00251  生湯葉、
こんなにたっぷり食べられるなんて贅沢、初めて!

Dvc00248  

Dvc00249  かき菜

Dvc00246  庄内美人(生酛純米)と。

唯一スーパーで買った干カレイも美味しかった。

偶然ですが好物がずらり。

我が家は子供達までも、小さな頃から山菜好きです。

(私は小さい頃は苦手だった気がするけれど・・・)

じんわりと、優しいお燗がしみわたりました。

江戸川のこの地で美味しい山菜を味わえる幸せをかみしめながらnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

やっちまった~

金環日食、今朝肉眼でキレイにみえました。

出窓から、中腰で見たので、腰が辛い・・・相方です。

某日の事。

どうも目が合って気になって仕方ないやつがいて、

かみさんに話したら「誕生日なんだし、良いんじゃない?」と許しを得て。

喜び勇んで久々に・・・

やっちまった~saddowndown

ゆっくりと、時間を掛けてなんとかしようとしたものの・・・断念wobbly

Dvc00256   Dvc00257

コルク片も濾過すれば飲める。

プロにあるまじきと思うことなかれ、誰だって、こんな時もある。

ま、住めば都、ならぬ、飲めば都。

向かいに平たい顔のモドモワゼルがいても、

畳に障子、コタツの居間で飲んでいても

パリに居る気分・・・にはならないが、美味さの都を感じる。

昔のスタイルのフィリップ・ルクレール健在。

Dvc00252 (目が合ってしまったのは黄色いラベルのコイツ)

独特の鉄っぽいニュアンスがあり、一口でこのつくり手と解る個性。

うまし!

「急だからたいしたつまみは無いけど」と、出してもらった酒の肴で。

Dvc00255

冷奴(オリーブオイルと塩コショウで洋風に)、

厚揚げときのこと水菜の炒め物、糠漬け。

レバパテの代わりにツナとクリームチーズのディップ。

誕生日にしては品数も少なく、若干豪華さに欠けるのが気になるが、

最近「あんまり肉はいいかな~」と言っていた手前文句は言えず。

と思っていたら、唯一の肉が登場、牛タンスライスのねぎ塩焼き。

誕生日特権ということで、いつもより半生のねぎがたっぷり乗っていた。

どれもワイン向きのつまみとは思えぬが、

(最近の晩酌が日本酒の方が多くなっていたから仕方ないか)

あわせるべく考慮した感は汲み取れる。

むしろ野菜の煮物のほうがワインに合ったと思うが

材料も時間もなかったようだ。

次からは早めに何を晩酌にするか言うことにしよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

レーゾン・デートゥル

先日、電車の中で鼻をほじって、座席の所になにやら付けている

男の子を見てしまったおとぼけです。

空いているところに座るの、ちょっと怖くなりましたshock

自分自身のレーゾン・デートゥル存在理由を考えることって

多かれ少なかれあるとはおもいますが。

随分前に、自店の存在理由を考えたものです。

ごく普通の酒屋だった当店、安売店がどんどん台頭するなかで、

存在する意味はあるの?地域に必要とされているのだろうか?などなど。

そうして、どうせ売れないなら、好きなものを売っていこうと

ワインに注力してからまだ20年経たず、

日本酒に至ってはここ数年でようやく品揃えができてきた所。

古くから特化している専門店にはとうてい及ばないわけで・・・。

それでも、お客様や先輩の酒屋さんや蔵元さん、業者さんなど

様々な方々に支えられてここまでやってこられました。

これまで飲食店さんに営業しても、

「この辺では日本酒bottle(やワインwine)を飲む人がいない」と

あまり聞く耳を持って頂けないことが多かったのですが、

お客様つながりで、お陰様で、少しずつではありますが、

お付き合いいただくお店が出来てきました。

「こんなにワインwine(もしくは日本酒bottle)が出るようになるとは思わなかった」

という声は私達の原動力です。

当店に家飲みのお酒を買いに見えるお客様にも

『近くのオススメのお店』として紹介させて頂いて、

「美味しかったよ~」と喜んでいただける、

この循環も素直に嬉しいです。

Dvc00188

真心のこもった美味しいお料理とそれに合わせた食中酒を

適正な価格でバランス良く提供するお店には、

不景気でもお客様は足を運ぶと思います。

お酒の提供を少し変える事で、まだまだ伸びる可能性のあるお店は

沢山あるように思えます。

そして当店のような後発の酒屋でも、

これまでお酒の魅力を知らなかった方々に

お酒の魅力を伝えることができれば

それなりに必要とされる可能性もあるかとも思います。

もちろん、努力次第ではありますが。

これからも日々精進して参ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

お肉には

某日、外飲みから帰ったら、再度お呼びがかかり、

急遽娘の自転車を借りて出たものの、良い気分になり

すっかり忘れて駅前に置いたまま帰ってしまった酔っ払いおとぼけです。

翌日、「娘に自転車の鍵返して」と言われて、ハッと思い出し

慌てて取りに行きましたsweat01 撤去されていなくて良かった~bicycle

普段は野菜と魚中心で、お肉少な目の我が家、

流石に娘の「お肉食べたい」という声に応えて、

相方不在の某日のメニュー。

Dvc00013 Dvc00012

娘にはオージービーフの特大ステーキ、

私は和牛を軽く焼いてわさび醤油で。

(ちょっとお皿が小さめでした)

重めの赤ワインwineが美味しいです。

日本酒は断然お燗酒bottle heart02

お肉の脂とお燗のお酒のマリアージュは幸せの極みですよ。

ぜひお試し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

相性、その3

  お料理のレパートリーが増えると、お友達を呼んで

ホームパーティーで一緒にマリアージュを楽しむこともできます。

様々な情報交換もできて、更に楽しさ倍増。

また、美味しく作るには、技術もさることながら、

調味料の味わい(品質)がポイントだと気づきます。

お酒ワイン漬物などがそうであるように味噌醤油

みりん酢等醗酵食品です。

P80500062 

ただし、昔ながらの伝統的な本来の造りの味噌や醤油は

日本酒同様、一般的ではなくなりました。

たとえば醤油は大豆ではなく、大豆の油を搾った、搾りかすを材料に、

機械で大量に、じっくりと醗酵させずに短期間で作れます。

コストも安く、スーパーの特売の目玉商品になるわけです。

時短で作ったものは、賞費期限も短くなります。

本来、味噌、醤油、梅干などは長く熟成するほど美味しくなるもので

年代物になるほど、高価です。ところが、

Dvc00030

格安の調味料や梅干などは、添加物も多く、長期保存に耐えられません。

お酒もしかり。長期保存に耐えられる、しっかりと醗酵させたお酒と

しっかりと醗酵させた本来の調味料がよく合うのは当然のこと。

私もそんな調味料に出合い、料理の味の格段の差に驚いたのは

まだ極最近の事ですが。

近頃は、特に塩麹や酒粕など

その発酵食品が、免疫力を高めるとか、ダイエットにも

効果的で健康に良いなどと何かと話題ですよね。

Dvc00213

体に良くて相性の良い、発酵食品とお酒を

上手に美味しく楽しく摂り入れましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

魚なら

先日相方が軽くランチ・・・と書いていましたが、

かなりしっかりのボリュームです。

 お刺身定食1,500円 他にも焼き魚定食などが1000円から。

Dvc00205_2

刺身11品に蟹炊き込みご飯、箸休め3点も盛りと小鉢が付いています。

元魚屋さんだけあって、季節の新鮮な魚が楽しめます。

他にも焼き魚定食などが1000円から。

もちろん夜も営業。お刺身意外にもいろいろ美味しいものが盛りだくさん。

これで、飲まないなんて、ないですよね。(笑)

今なら天穏の生もと純米のにごりと、七郎兵衛純米酒が飲めます。

「にごりのお燗は甲殻類に良く合うのにビックリしました!」と若旦那。

まだ、オープンから1年足らずだそうで、女性一人でも入れる

素敵な佇まいも魅力のお店です。

ラストオーダーが早いのでお気をつけください。

魚上松 東京都江戸川区篠崎町7-14-12

篠崎駅西口出口 ドラッグセイジョウの向側

篠崎図書館の斜め前です。

TEL03-6638-8864

営業 ランチ 11時30分から1時30分

    夜 5時30分から9時30分

定休日 水曜日(月曜日はランチ休み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相性、その2

相性その1の続きです。

料理との相性を探求するようになると、

次第に合わない料理の系統がわかって来ます。

お酒の味を変にしてしまう一番の原因・・・それは、添加物。

例えばわかりやすいチーズの話を。

ナチュラルチーズはピッタリはまるワインに出逢うと、

みごとなマリアージュですが

プロセスチーズはいま一つしっくりきません。

それどころか、逆にワインの味を台無しにしてしまうものがあったり。

その違いはやはり添加物の有無かと思います。

例えば我が家では白菜の漬物ワインも合わせますが、

市販の漬物はワインの味を損ねてしまいます。これも添加物の仕業。

そんな事を繰り返すうち、手間はかかりますが、

自分で作る料理の方が、お酒やワインに合うことがわかって来ます。

無添加手造りの漬物やお惣菜を買ったら、もの凄く高いけれど、

自分で作ればとっても安上がり。

そのうち、色々なレシピ本やネットのレシピなどにも目が行くようになり

新しいレシピに挑戦したり、外飲みで美味しい物を食べたら、

家でまねをして作ってみたり。

これは酒好き、ワイン好き、みなさん行き着くようで、

ウチのお客さんは、総じてみなさんお料理上手が多いです。

そうして・・・続きは、また、後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

大人の社会化見学

少し前、エグザイルのメンバーが人助けをして話題になりましたが、

自分も少し前、心臓マッサージで人助けをした、相方です。

親父だらけの旅行は怖いshock

某休日、日本酒の利き酒があり、

軽くランチをしたあとに新橋へ。

Dvc00205

利き酒を控えて飲めないのが残念。

利き酒で勉強のあとは、ぶらり散歩で、初めての日比谷公園。

Dvc00238 Dvc00232

Dvc00233

日和も良く、なかなかな散歩。ついでに足を伸ばして

初めての皇居。

Dvc00229

生まれも育ちも正真正銘の都内江戸川区です。

意外とこれまで行く機会がなく。

かみさんは中学の修学旅行で一度来ているとのこと。

周囲にはまだ4月の為か、修学旅行生は見かけず、

殆どが中国からの旅行者でした。

夜は夜で

Dvc00226

炭焼き居酒屋『まさやん』で。皮まで美味しいえぼ鯛が

実に香ばしく、落ち着いてbottle飲み、 良く歩き良く食べ充実した日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »