« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

やっぱりバル?いやいや・・・

書きたい事が溜まっているので、まずは過去日記から。

久々の「まさやん」

瑞江で燗酒が飲める数少ない店。で、お燗酒にしよう・・・

と思っていたけれど、なんとなくお店に入ったらワインが飲みたくなり

ボルドーの赤を飲みながら。

Dvc00077 

美味しそうに並ぶトマトは、生と、せせりと一緒に炒めた物と2つの味で。

久しぶりに美味しいトマトを食べたnote

スガちゃんの力作というならこれは食べないと、

とスモークチキンの盛り合わせも。

Dvc00074

部位毎?に食感が異なって、いぶし加減も塩加減もちょうど良い!!!

お酒が進みます。調子に乗って珍しく焼酎まで飲み比べしちゃったcoldsweats01

野菜が食べたくて菜の花とエビのぺペロンチーノ。

Dvc00078

炒めた菜の花も美味しい♬ 今度、家でまねしちゃおう!

やっぱり、画像で見るとバルみたい。

燗酒がずらりと並ぶ見事な画像も今度撮らなくちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

最近多いのが・・・

おとぼけです。

先日奈良の久保本家酒造さんに行ってきました。

飛行機には遅れるしsweat01、カメラを忘れてデジカメでキレイに撮れず

画像が無いしで、キチンと報告が出来ずdownhappy02

幸い、飛行機は次の便に無料で振り替えてもらえたので

行くことができましたが、帰りの便も、飛行機会社の都合で遅れ。(笑)

旅にハプニングは付き物ですcoldsweats01

もう一つの目的として、妹と久しぶりに会って、

ゆっくり話ができたので良かったです。

意外な共通点(似ている!?)を発見したり。

蔵元さんには、酒好き姉妹というのだけは伝わったかと思います。

寒い日が続いています。

北日本は雪が多くて大変なようですね。

七郎兵衛の蔵元、竹浪さんに注文の電話をしたら

「家が壊れて大変」だとか。弘前はまだ街中だからましなようですが、

そこから更にはずれると物凄いらしいです。

寒いと、相方が決まって食べたいというのが湯豆腐です。

Dvc00064

最近はもっぱら別鍋。

相方はたらちり。相方以外は豚しゃぶ。

私達は、豆乳ベースにしたり、つけだれを変えて変化をつけますが

相方はいつも同じでよく飽きないものだと思います。

最後に一切れだけ豚肉をさらっていくのが、ちょっとズルイthinkような・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

雪降る中

雪降る中
今年は雪がよく降ります。

雪降る中をワインの輸入業者の試飲会へ。

本当は今日は相方が出掛けるはず。

早く腰治してくれないと。私は明日も試飲会、さすが連日はきつい。


先日作り置きした牡蛎のオイル漬けでパスタを作ったら我ながら美味しくて、残りのオイルにも牡蛎の良い味がしていたのでパンに付けて綺麗にたいらげました。

南仏の酸味がキリッとしたペスキエの入荷したての白ワインと。

お手頃ながら見事な相性。いろんなお料理に合いそうな味わいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

冬の白

寒い日が続いています。おとぼけです。

この季節でも当店では白ワインをお求めになるお客さまも多いので

新顔の白ワイン3種を仕入れてみました。

Dvc00031_2

ボルドーのアントゥールドゥメール地方の、ソーヴィニヨンブラン主体

(セミヨンブレンドもあります)の爽やかなワインです。

サラダや魚介のカルパッチョはもちろん、塩で食べる天ぷらや焼き鳥などに

よく合います。もちろんお鍋やおでんにも。

微妙な味わいの違いを飲み比べてみるのも楽しいですよ。

クリームシチュウーやグラタンなどならコクのある白がいいですが、

お料理によっては冬でも爽やかな白がすすみます。

相変わらず飲んで食べております。

(さすがに先月風邪をひいて薬を飲んでいたときは

1週間ぐらい禁酒しましたが。)

久しぶりに写メ撮りました。

Dvc00030

なかなか安くならない野菜ですが、なぜかゴーヤが安かったので

季節はずれのゴーヤチャンプルーでお燗酒。

以前テレビでみた栃尾揚をスーパーで見つけて

ネギと味噌を合わせて詰めて焼いてみました。

色合いは良くないですが、なかなか美味しかったです。

私に似てネギが得意じゃない娘も「美味しい!」と食べてくれました。

今年初の牡蠣オイル漬けもおつまみに最高です。

思わずお裾分けしてしまいました。

プチ試飲のつまみにも良さそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »