2014年1月21日 (火)

やっぱり鍋にしよ!

こう寒いと、毎日鍋になってしまう。

湯豆腐、たらちり、ぶたしゃぶ、牛すき焼き、

鳥すき焼き、寄せ鍋、チゲ鍋、豆乳鍋、マグロのネギ間鍋、

みぞれ鍋、水炊き、牡蠣の土手鍋などなど・・・

131115_205049_ed これは大好きな鴨lovely

野菜もたんぱく質もたっぷり摂れるから、

味噌・塩・醤油、ポン酢やごまだれと味に変化もつけて、

肉・魚介と飽きないように、この冬、どれだけ鍋が登場したか・・・

131218_202159_ed

すき焼きもはずせない(昔は豚肉だった世代)

手抜きとも言う人もありますが・・・

それにしても、一口に鍋と言ってもバラエティー豊かですね。

この冬は石狩鍋も、蟹も、ふぐも、アンコウもまだだったー。

最近炭火焼豚足が売っていなくて、私のオリジナル鍋も食べていないbearing

それにしても、あらためて日本って凄い!

洋風鍋もレパートリーに加えたら、まだまだあるし

煮込み料理やシチューやポトフもあったまる。

お酒bottleもワインwineも焼酎のお湯割りjapaneseteaも進むし~

暖房いらずのエコ料理でもあります。


久しぶりにrunいってきました。風も無く寒くも無くよき日happy01

先週わけあって痛めてしまったから、恐る恐るゆっくりと。

本日は足の調子は大丈夫。

やっぱり減量しないと足に負担がかかるのですね。

って、食べ物の事ばかり考えていて、減量できるのか!?私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

新入荷ワインと手作りピザ

またまた新入荷ワインです。

140108_205833_ed_2 

レザレド・サン・メダール 2009

ボルドーのオーメドック産。タンニンが熟成し

ビロードのようになめらかな舌触りで、丸みのある味わい、

通の方から、赤ワイン初心者の方まで楽しめる1本。

同じ価格帯の中でも、バランスの良さはずばぬけていると思います。




140113_130943_ed

しばらくぶりにホームベーカリーを使って(たまには動かしてあげないとね)

ピザを作りました。

140113_130957_ed 

ベーコンと玉葱・ピーマン・チーズのスタンダード

140113_133318_ed

ツナ・じゃが芋・玉葱・アンチョビを炒めた物と・ベーコン・コーン・チーズ・ピーマン

ありあわせ色々具沢山、これが最高!

宅配ほど油っこくなくて美味しいものの、それでも

カロリーを考えると、またしばらく封印だわ。

残った生地1枚はしばらく冷凍庫で休んでもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

タラコで

久しぶりに作ってみました。

140114_195833_ed 「子炒り」

真鱈の鱈子、大きいのが安かったので。旬ですね。

大根と今回はシラタキをたっぷり、人参は入れ忘れcoldsweats01

相方が「懐かしい~sign03」と一言。

実家で母が作ってくれたのを何度が食べ気に入っていたけれど、

ここ最近冬場は帰省していないから。

翌日、残りの鱈子は煮付けようと思ったのですが、

やはり、野菜をたっぷり食べたいと

大根のかわりに白菜を使い、蕪やきのこやネギを入れたら

最終的に鍋になっていました。

140116_193011_ed

ヘルシーだから良いとしましょう。

肉や魚のかわりに、タラコ鍋、これきっとオリジナルだわ。

この冬初の牡蠣のオイル漬けもつくってみました。

  140116_193206_ed_2

140116_193242_ed 140117_001545_ed

この前もテレビで紹介していましたが、

この牡蠣のオイル漬けは、色々使えて便利ですgood

そのままおつまみに、サラダやパスタに乗せたり・・・などなど。

沢山作っておすそ分けしても喜んでもらえるしhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

杵つき餅

御餅が入るといよいよ暮れだな~と実感。

131208_122346_ed

当店自慢の杵つきもち。甘味があり、濃厚。

焼くとおもしろいくらい膨らみます。

今月に入ってからの土日祝日は、久しぶりに見える遠くからのお客様が多く、

お子さんの成長をみたり、近況をうかがったりと楽しいです。

時間があっという間で、色々おしてしまい、

夜のランニングの時間がとれないのが残念ではありますが。

そんな中でも、クリスマスっぽいことも。

131224_202244_ed

今年は近所のスーパーに、いま一つ美味しそうなチキンがなかったので、

(遠くまで買い物に行くこともできず)

ガッツリ肉が食べたいとの娘のリクエストに応えスペアリブを焼いてみました。

漬け込む時間もなかったけれど、塩麹と、あわ漬け醤油を揉み込んだ為か

短時間でも味が滲みて、お肉もやわらかくジューシーで、我ながらGOODgood

サンテステフのワインが見事に合いました。

131224_202513_ed

頂き物のチーズケーキは、一足遅れのプレゼント。

私宛のプレゼントには食べ物が多い・・・sign02 happy01

表面がブリュレのように焦したカラメル状で香ばしく

中は濃厚なチーズの風味がたまりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

楽しかった~♬

金曜日のとんかつ二条さんでの『天穏』岡田杜氏を囲む会

あいにくの雨模様ではありましたが

お陰様で盛況に終えることができました。

2131004_185402_ed_2

マスター渾身の特別料理はヴォリュームもあり

もちろん天穏のお酒との相性もバッチリで

お酒の弱い方から、強い方まで美味しく愉しんで頂けたようです。

そりゃあ、とんかつ屋さんのテイストと、

フレンチのテイストの融合ですから。

岡田さんもとんかつ屋さんでのお酒の会は初めてだとか。

でも、そんな破天荒な所が面白いんです

2131004_195229_ed_ed_2

お料理の写真が取れなかったのが残念ですが。

いつもながらのアットホームで和やかな雰囲気には

お燗番bottleとして参加の私も癒されました。

1131004_195302_ed_ed_2

美味しいお料理を作ったマスターをねぎらう岡田杜氏

131004_222442_ed_ed

途中から飛び入りの参加者も加わって、更に盛り上がり。

お酒は飲めないとおっしゃっていた方が

「このお酒旨い!」とチビチビ飲む様子は何より嬉しかったです。

最後の片付けは全員で、が凄い所。流石は二条ファミリーです。

本当に楽しい夜でした。楽しい出逢いに感謝です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

一気にまとめて

 ブログをずっと怠けている間に、もう、4月も終わってしまいますね。happy02

溜まっている画像を一気に載せてしまいましょう。

まずはこの春の私のイチオシワインから。

Dvc00102 手頃ながら本格的なしっかりとした味わいで人気の、サンタデュック『エリタージュ』に並ぶ高品質の赤。

アンドレ・ブルネル『ヴォークリューズ』です。果実味もタンニンも豊富でスパイシーさも感じられる、グルナッシュ主体のワインですが複雑味がみごとです。丸みもあって、はやりの濃くて押しの強いだけ のワインとは一線をかくしています。流石は世界に名を馳せる造り手と納得至極。なにより千円台の前半で飲めるのは嬉しい限りです。

Dvc00096 あまりキレイに写っていませんが、レンジで作るエビチリに兆戦。結構美味しくできました。 『ヴォークリューズ』にも合いました。ドイツの白ワインにも合わせたい!

これはちょっと前になりますが、akikoさんのレシピをもとに作った牡蠣のオイル漬け

beerはもちろん、日本酒にも赤白どちらのワインにも合います。

Dvc00044 牡蠣が安い時に沢山(私は一度に1キロぐらい)作って、友達の引越し祝いの席に持参したら、好評であっという間になくなりました。

念のため、一部はパスタと和えて、かさ増ししたのも持って行って良かった~。

Dvc00069 息子作の牡蠣のオイル漬けを入れた和風パスタ。白だしを使って、白ネギとたたき梅がポイントだそう。一口味見をしたら、ちょっと塩気が強めなものの、まあまあ美味しかったです。

Dvc00189 こちらは大成功の手作り餃子。美味かった!

実はこのチョット後に美味しさが忘れられず、再度作ったけれど、時間がなくて急いだら大失敗down

Dvc00006_2 一皿は黒こげ、一皿はボロボロ(苦笑) まあ、こんな時もあります。焼いたのは相方。

これもだいぶ前になりますが、頂き物の初筍。

Dvc00035  筍はバター醤油焼きにもして香ばしく頂きました。

Dvc00071 他にはお味噌汁に入れて、ツクイ春の和定食ランチさわらのホイル焼きもなかなか♪

寒かった日は、鱈のみぞれ鍋も。4月にしては珍しく、今日は鍋!っていう日に。

Dvc00099_2 一気に4月の日記を書いたみたいですね(苦笑)

毎日少しずつ書けばいいものを・・・

まだ続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

聡明になれる1品!?

もう随分前、とある雑誌で女性の作家が

「聡明な女性は料理が上手い」と書いてあったのを見て、

『聡明な女性』という響きにあこがれた私は、

料理上手を目指そうと色々なレシピを読み漁るようになりました。単純!(笑)

容姿は簡単にかえられないから、せめて中味を少しでもと。

その女性作家のレシピの一つが、いまや定番に。

Dvc00080ka_2 Dvc00079

蕪(葉っぱも)をハムをスライスして、オリーブオイルで炒めて塩・胡椒するだけ。

蕪の甘さが美味しい、シンプルな味で白ワインがすすみます。

簡単であっという間に出来るので、お弁当の1品にも便利。

本日はスペインの白。スペインの白にしては珍しく、酸味がキレイで引き締まった味わい。柑橘系の爽やかさもあり、色んなお料理に合わせて楽しめます。

手頃で上品な白ワインと、簡単で美味しいおつまみ。

聡明になった気でおりますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

ツクイバーグ

どちらかといえば和食が多い我が家ですが、

実は鳥のから揚げや、ハンバーグなんていう

お子様好みのメニューもリクエストが多かったりします。

でも、たまにしか作らないので、余計に喜んでもらえるメニューでもあり。

また、何度作っても自分で満足のいく仕上がりにはならないメニューでもあり。

いつもと違うお肉で作ったら、今回はまあまあに出来たハンバーグ

違いはお肉の質もあったと勝手に納得delicious

Dvc00062hanburg_2 Dvc00039_3

やはり、相方は迷わずワインを持ってきました。

   フランスはロワール産、ソミュールの赤。他の産地ではおもにブレンドとして

使われるカベルネ・フラン種で作られたワインです。

ピーマンの様な香りとか、スミレチェリーの様な香りとも言われたりしますが

どれも若干感じますが、私は爽やかな新緑の空気を吸い込んだ時のイメージ。

ボルドーほど重くなく、優しい味わいですが個性もしっかり。

手頃な価格ながら、ちょうど良い熟成の頃合いでは感動すら味わえるワイン。

もちろんハンバーグにも良く合いました。

かなり大き目に作ったはずですが、あっという間にお皿は空。

パスタなどもそうですがお店の味に近づけようとすると、どうしても高カロリーになってしまいます。

ヘルシーと美味しいの狭間では、家では当然ヘルシーを選択します。

と言うわけで、今回つなぎにパン粉じゃなくて、おからを使用。

それでも、美味しいものってハイカロリーなのが多くて。pig shock

美味しいものも食べたいし、健康にも気を使いたいし・・・

これはもう運動するしかないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

たまの贅沢

楽しい情報を・・・と思いつつ、ちょっと、ワナワナとするような出来事があり

UPするのが遅くなってしまいましたが。。。ま、一応落ち着きましたので。

何年ぶりだろう、上げ膳据え膳の旅行spa

Dvc00350_2

まず、宿に着いて、滝の見えるフロアで薄茶手作りのお菓子を頂きながらチェックイン。なんだかコレが恥ずかしい。

Dvc00351

お部屋にも露天風呂。でも、これ、向こうから透けて見えてない?始めはとっても気になりましたが

途中から、どうでもよくなって、気にせず何度も入りました。ゆっくり本を読みながら入れます。shine

Dvc00361

夜のお食事。まずは、お風呂上りのbeerが旨いsign01

Dvc00360 食前酒と前菜と=懐石ですlovely

Dvc00362_2 Dvc00363 お椀お造り地元のお酒bottleと。本わさびが嬉しいup

Dvc00364_2 Dvc00365_2 海の幸、山の幸両方の石焼酒盗ダレで。あわびはお刺身より、こうして焼いた方が好きかも。ほっぺが落ちそうdelicious あ、もともとか。

Dvc00366金目鯛のしゃぶしゃぶも絶品でした。お酒もすすみます。冷酒のリストになぜか大七の生酛をみつけて、お燗をつけてもらいました。って、お燗の方が断然美味しいのに。。。ここで雑炊をすすめて頂きましたがすでに満腹なので、そちらはご遠慮して。

Dvc00367まだ、お料理は続きます、伊勢エビの創作料理。あ、他にも途中でチョイスする魚料理もあったっけ。撮り忘れ。確か、金目鯛のアラ炊きと、ふぐのから揚げだったような。両方味見したいので、ひとつずつ頼めるのもありがたいnote

Dvc00368 デザート2種。どちらも素材の味が引き立つ程良い甘さで、お酒のあとにも美味しいかった~

今回お料理と温泉にこだわって、珍しく相方が下調べして選んだお宿。

初めての当たりかも(笑) 続きもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

日常のなかの潤い

100117_201937_ed_ed 先日は手作りのたくわん で、昨日は活きの良い牡蠣とホタテのおすそ分けをいただきました。

これはやっぱり断然がいいでしょ!と思いつつ、レモンを買い忘れて、近くのコンビニまで自転車を走らせるも無し。

遠くまで行くのを覚悟した時、閉店後のシャッターの前に偶100117_210140_ed_ed然何時もの八百屋さんが。なんとか分けてもらえて、ラッキー!

帰って早速生まれて初めての牡蠣の殻むきに挑戦!

タグがついていて、それを動かしながら引いていくと、上手く開けられました。

100117_210102_ed_ed

とっても便利なこの技術、どういう仕組みになっているのかしら???不思議です。

ホタテも初めてではないものの苦戦しながらも、キレイに開き、華やかな夕食に。

甘エビもあったので、甲殻類尽くしの夕べとなりました。

よく考えたら、この冬初めての生牡蠣かも。口の中に広がる潮の香。まるで海にいるよう。

お酒は相方の気分で日置盛の純米復刻ラベル。海と岡をうまく繋げてくれるそんな存在は、牡蠣にも、きんぴらごぼうにも、合いました。

相方、ベストチョイス!

一度でいいから、フランス人のように牡蠣でお腹を満たしてみたいものです。

思わぬ頂物は、最近のサプライズのない日々の潤いになりました。happy01

少し前に頂いた珍しい物も、まだ載せていませんでした。次回にでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧