2016年6月10日 (金)

夏限定



夏限定の麦焼酎が入荷しました。
福岡はゑびす酒造の『熟爽 ゑびす蔵』
透明瓶が夏らしいイメージです。何画伯がかかれたのかわかりませんが、このなんとも言えない味のあるラベルの絵も夏らしさを表現しておりますね。
ふんどし姿の恵比寿様⁈が、釣りをしているのでしょうか。
中味は、10年樽熟成古酒を中心に、数種類の古酒をブレンドし、アルコール20度に割り水してあり、長い年月に育まれた、まろやかで豊かな芳香、甘美な余韻が楽しめる、見た目とのギャップが楽しい麦焼酎です。
ロックやソーダ割りがオススメです。
ジャケ買いしても、外しませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

大変お待たせしました



長らくお待たせしておりました小松菜焼酎が入荷しました。

「お土産にあげたら気に入られて」とリピ買いされるお客様には特にご迷惑をおかけしてしまいました
早速、遠方へ発送させていただきました。

新しくなった小松菜焼酎をこれからも、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

珍しく

本日は焼酎新入荷のお知らせです。

Dvc00128大和魂』、常圧蒸留の麦焼酎7年貯蔵です。

25%に割り水してありますので熟成物ですが手の届くお値段です。

常圧の熟成は豊かな麦の風味と旨味がまろやかに感じられて、味わい深く

夏にロックでもしっかりと楽しめる!

火曜日の岡田ジャパンの試合はコレを飲みながら、本物の「大和魂」をみせてもらいましょうか。

麦焼酎も減圧が主流なので常圧は貴重です。

そういえば、先週の木曜日、『おもいっきりDON』で江戸川区の特集があり

小松菜焼酎発泡酒も紹介されました。試飲しなかったので感想はなし。

小松菜のカキ氷は正三師匠が食べて「あおくさ~い」との感想でしたが。

なんだか焼酎のイメージが壊れたような気も・・・

ポツリポツリですが初来店のお客様もみえているようではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

傷だらけの手んし。。。

Dvc00057 珍しいことをすると雨が降るとは言いますが、今日の雨は私のせいではありません。

たまには焼酎の案内も・・・だから雨?(笑)。日本で唯一産地呼称の3大焼酎の一つ、壱岐焼酎。

数ある焼酎の中でも、やはりここの麦焼酎は本格的で、外国のハードリカーに匹敵すると私も思いますが、その割りにお手頃価格で楽しめるのが実に嬉しい所!

スタンダードの『天の川』と、熟成の『金印』のどちらも嬉しい価格でしたが、更に黒麹で醸した『卯八』が仲間入りしました。しっかりとした飲み応えに、熟成酒のブレンドによるまろやかさも味わえる焼酎で、 1.8ℓ¥2,100円です。

某プレミアつきの焼酎に比べたら、雲泥の差の美味しさだと思うにつけ、飲みながらお得な気分になるのは私だけでしょうか?

そしておまけの画像です。

P1020001 余計な仕事が増えてしまった日。。。ワインは床に飲ませてはいけません。

「お店中がフルーティーなベリーの香りぃ~mmm」なんて言っている場合ではなくて・・・。

お客さんが見えないうちに片付けなくては。

この割れたビンを処分するのが大変。そしてワインの拭き取り作業も。

「あ~あぁ、勿体ない。。。」と思わず愚痴ってしまいそうになりますが、そこは我慢。

割れ物を扱う以上、いつ誰が割ってしまうかわからないですから。あ、でも安いので良かった~とつい胸をなで下ろしたのは事実。そして、余計な仕事が増えたーと顔をしかめたのもまた事実。。。

(今回は相方)明日は我が身。商品の陳列をしていてのこと。滅多にあることではないですが。

あとでみたら結構手が傷だらけになっていました(苦笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

秋晴れです!

本日店頭にてこれから試飲&試食会をやります。

日本酒から、ワイン、本格焼酎、お米や無添加味噌などの調味料など。

新入荷も定番もあります。お時間の許す方は、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

午後1時から7時までやっています。

明日もやります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

笹の葉ま~きまき~

P70601062  昨夜は、七夕の夜でしたがあいにくの梅雨空に星をみせてくれず。

七夕飾りもしなかったのですが、偶然頂いたちまきで笹の葉の香りに包まれました♪

チマキはもち米を包んだだけのシンプルなもので、黄な粉を付けて食べるそうです。

胡瓜も、キャラブキの煮物も、モロッコインゲンも頂き物。

やはり無農薬の取れたて野菜は、文句なしに美味しいです♪

 昼間は、甕から焼酎を量っていて、とっても良い香りに酔いしれました。

P70801112 『らんびき古久』43,7度原酒94年蔵入れ。今日量ったら残りあと少し。

ここに来てからさらに6年半の月日が流れています。大事に大事に売って来ました。

この過ぎ去った年月によって円熟味のあるまろやかな味わいになっています。

時間だけは、さかのぼることができませんから実に贅沢な焼酎です。

ほんの少~しを、ロックにして、氷が解けるのを待ちながらチビチビ舐めると至福の時間を味わえます。チョコレートによく合うんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

バレンタインデー

本日バレンタインデーheart01

といっても、もう、この年になると、「そんなのかんけぇ~ねぇ~」って感じです。

P2140040 どこかの動物園には、とても仲の良い夫婦の鳥がいるそうですが。。。

昨夜、娘の友チョコ作りを手伝って疲れたので、私はお世話チョコ作りは断念。

でも、何も無いのも寂しいので、夕飯で何かをと考えていたらリクエストが。

じゃあ、応えましょうflair

P2140033loveP2140031love2買って来た焼き鳥と、

お好み焼きnote

P2140034love できましたsign03

愛情たっぷりの特製ハート型お好み焼き、特大サイズscissors

お味の方も今までで一番美味しい出来・・・らしいです。

P2140036 そして、久しぶりの芋焼酎。もちろん水で割ってお燗をつけて。

華やか~な香り!ここの焼酎は開けたとたんに広がる香りがなんとも言えません♪

西郷さんを彷彿とさせる、いかにも薩摩男の雰囲気の蔵元さんを思い出しました。

P2140038

見た目いまいちでも、意外といけるチョコクランチ。ディズニーランドのお土産に貰ったチョコにも似てます。

娘の友達には上品に一口サイズにしましたが、家族用のは面倒になって3~4個分を一まとめ。私が丸めたとも知らず、娘からのプレゼントとして、相方は喜んで食べていました。

今日はテレビでみた美腰体操をしたり、ソーランの自主練をしたり、ホームセンターに買い物に行ったりで、パタパタと動きました。一日じゃ、ウエストはくびれません。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

夢に出てきたのは・・・

ゆうべの夢はとっても不思議でした。

夢に出てきたのは、相方の亡くなった友達。でも、ぜんぜん怖くなかった。

よくうちに来ていたときと同じように座って、相方と一緒に飲んでいて、しかも亡くなっているのもわかっていて、その幽霊さん?に向かって、私は「あら、来てたの?」と別にいつもと変わりないようにおつまみを出していた夢。

「で、最近はどうなの?」「うん、ま、向こうでも相変わらず」みたいな会話して。青白い顔していたけど、少し頬がふっくらしていたように見えたのは気のせいかしら。

そういえばもうすぐ命日だったんだ。時々思い出すことはあるれど、夢に出てきたのは初めて。霊感?もしかしたら、時々となりで一緒に飲んでるのかも知れないね~。それもいいんじゃない?

P1150067 今日のランチはトロトロオムライス。無性に食べたくなって。賞味期限切れのサトウのごはんを使ったら、ちょっと柔らかいケチャップライスになりましたが、満足。というか、食べ過ぎて動けない娘、大丈夫?「ランチの女王」の再放送、今日で終わっちゃった。

災害時用に用意してあるパックのご飯、すぐ期限切れになっちゃうけど、こうして味付けしたらなんとか美味しく食べられました。

P1150069 昨日はローズデーだったそうで、慎吾君のドラマもやってましたね。そういえばこんなのが入荷してました。

『薔薇の贈り物』という焼酎。芋焼酎のモロミに薔薇の花を入れて仕込んであるそうです。『いいとも』でゲストの女優さんがタモリさんにお土産に持ってきた薔薇を使った商品のなかに、これもあったそうです。(私は見てないけど・・・)

ただこの焼酎、1ケース(12本)しか入ってこなかったので、試飲するわけにもいかず・・・味のコメントはできません。

来週からのドラマを見ながら飲みたい方におすすめします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

フォローはきちんと。

Pc190084_2   先日荷物が届きました。熊本からの米焼酎です。

この時期、どこも忙しいせいでしょうか、夏に続いてまた1個行方不明になりました。夏の悪夢が一瞬蘇りましたが、今回は、配送の方が申し訳なさそうに、「1個行方不明なので見つかり次第お届けします。」と言って来ました。一番高い商品だったからちょっと心配でしたが、ちゃんと届きました。それが下の写真の壺入りの原酒です。熟成させるとまろやかになってくれる焼酎です。

夏の時には1個1個に伝票があり、なんと、「荷物自体を受け付けていない」と運送業者が言ってのけました。出荷した方には伝票が残っていPc230091_3るので後は出荷した方と受けた方でやり取りしないとうちは一切わからな い。いぞぎの荷物だったから、もう1つ出荷して、結局あとから不明の荷物も届きうちが余分に仕入れた形になったのです。業者は伝票事態存在しないと言い張ったのに、あとから届いたのはどういうわけなのか・・・謝りの電話ひとつ無い、納得のいかない出来事でした。

ミスは仕方がないとしても、その後の対応ってとても大事だと思います。うちに届かないことによってお客さんに迷惑がかかることが一番困ります。

今日も発送した商品が途中で破損したと連絡があり、再度発送しなおしました。最後の1本・・・なんていう商品じゃなかったから助かりましたが、手紙を入れたので、確認したところ、「クリスマスの挨拶だからかまわないわ」と言って下さって、やさしいお客様でありがたかったです。

色々なことがありますが、フォローだけはちゃんする姿勢でなくちゃとつくづく思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

う~ん、どうだろう?

P5090002P5110015   連休前に予約していたお酒が入ってきました。

私の故郷、青森県の盛庄酒造店から、「駒泉・特別純米無濾過生原酒」(左)、華想いというお米を60%まで磨いて作ったお酒です。ズッシリと旨味豊か、それで居てキレのあるお酒。実家から車でおよそ30分ちょっとでしょうか。なかなか良い質のお酒を造っています。この前蔵元さんとお話して、田舎の人って良いなぁ~ってこの前つくづく感じました。

右は愛知の関谷酒造の「蓬莱泉、可。特別純米生原酒」夢山水とチヨニシキというお米を55%まで磨いてあえて吟醸を名乗らず特別純米と言うこだわりが凄い。この原酒はストレートに伝わる旨味と酸味とフルーツのような香りがパンチのある味。このラベルも個性的。

 この時期は限定物の生原酒の出荷の季節です。これを逃すと無くなってしまうので酒屋にとっては大事な時。ドッシリとした生原酒ばかりが旨いお酒だとは思いません。じっくりと熟成させたお酒も、サラリと飲めるお酒も、お燗に向くお酒も、どれも旨いお酒には違いないと思っています。しっかりと手間をかけて育てたお酒はどれも美味しいし、有名無名限らず素晴らしいお酒は沢山あると思います。それらを色々味わって初めて日本酒の奥深さ、味わいの広さを理解できると思うのです。有名な○○を飲んでみたい・・・その気持ちは分らないでもないですが、ぜひ、ご近所の酒屋さんのおススメのお酒を、そしていろんなタイプのお酒を味わってみて下さい。日本酒のイメージが変わるはずです。あ、色々説明をしてくれない酒屋さんは、止めといた方が無難です。その日の体調や気分、おつまみなどでタイプを変えて飲む、今までには無い日本酒の飲み方をぜひ体験して欲しいと思います!

P5110016  しばらく品切れしていた鹿児島の白石さんの芋焼酎が再入荷しました。が天狗桜のラベルがまた以前のラベルに戻っていました。地元使用に戻したそうです。う~ん、どうでしょう?

 文字だけのラベルに変わって売りやすいと思ったのは私だけではなかったと思うのですけど・・・でも地元の声を取り入れる蔵元さんもある意味凄いです。

相方はこのラベルの方が好きだと言います。中身は一緒なんですけど。あくまでラベル違いなんですが・・・う~ん。。。どうでしょう?たぶん、ずっとファンでいてくれているお客さんは、ラベルが変わろうが変わるまいが中身さえ変わらなければ揺るぎ無いと思いますが。

私としては「駒泉」みたいなシンプルなラベルが好きで、「蓬莱泉、可。」も微妙ですが、皆さんはいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)