2007年6月19日 (火)

晩酌に

P619008070  先々週ぐらいに前に、高知から亀泉の蔵元がご来店。少しだけ仕込んだと言う、新しいお酒を試飲させて頂きました。

純米の原酒ながら、綺麗な酸とお米の旨味がバランスよくて食中酒に飲みたい味。控えめな香りで、みると70%磨き。高くないお米を使っているので、お値段も手頃。コレは晩酌に良いという事で、さっそく置かせて頂きました。この時期、梅酒を作るのにもおすすめです。

土佐・亀泉・純米原酒 AL18~19度 1.8L ¥2,310円

えーと、取り寄せの紀州の梅、予約分若干まだございます。金曜日に入る予定です。ご希望の方はお急ぎでご予約お待ちしています。価格、大きさは(3L~4Lです)其の都度違いがありますが名人が作る梅です。

私はこの梅と日本酒で作った梅酒なら飲めます。漬けた後に取り出した梅もこれなら食べられます。

ここ数日。バタバタしていて、ブログは小休止していました。

水曜の夜、急な連絡があって木曜日に親戚のお通夜へ。そこで久しぶりに実家の両親に逢う。「せっかく田舎から出てきたのだから、うちに泊まったら?」と言う事で翌日うちに。

と言ったものの、この住宅事情、泊まれるスペースを確保するのに必死に片付けて、あちこち慌てて掃除してと普段のだらしなさが・・・(苦笑

夜にはみんなで食事。父の日も兼ねてしまおう!ともんじゃとお好み焼きを出したら、義母には不評・・・確かに、ご馳走じゃないけど。。。

私の母と義母、二人とも声がデカくてにぎやかを通り越してうるさい。おまけにお互い嫁のことについて二人でアレコレ!?って、私の立場は?

せっかくの東京だからと、あちこち見物にと結局3泊して、満喫。娘は巣鴨に、私は帝釈天にお付き合い。画像を撮り忘れたけれど、柴又らーめんが面白かった。帰りには東京駅を案内するはずが、私が詳しくないから、ランチしただけで、新幹線の時間が・・・

自分の親だから、特におもてなしするわけでもないけれど、やっぱり疲れました。

親の方も、葬儀や東京見物の疲れで、今頃はボーっとしていることでしょう。それにしても、見るたびに歳をとったと実感。でも、それって自分もってことですよね。なんだか複雑な気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

ちょっと早めですが

父の日のプレゼント用にとご来店の方がボチボチと。

最近は本格焼酎をセレクトする方が増えてきました。P6110075

P6110076_1 

  

 

 

 今日は遠方への発送が多くて、やはり珍しい物をと言う事で、この小松菜焼酎と発泡酒のセットが人気でした。

皆さん、お父様へのプレゼントにはテレがあるのか、「のし紙などは別に良いです」とおっしゃる方が多いんですね。ですのであまり大げさでないメッセージ付きリボンを用意して添えさせて頂いています。

   

P6110082 店頭にオリジナルギフトとして飾ってあって人気なのがこちら。

特に日本酒のミニ(一合)ボトルとキリコのグラスのセットは、可愛いと女性に受けが良いです。

 他に輸入ビールのセットなども用意しています。

 今年は私も早めに送ろうかしら。丁度子供の運動会のビデオも添えられるし。「美味しいお酒を飲みながら、孫の成長した姿を観てね」と、遠くに嫁いだ娘のせめてもの罪ほろぼし。『父の日』とかのイベントでもないと、なかなか・・・できませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)